とっておきマップ&リンク
私の好きな散歩道
ファーストトレイン的な人々
私達の家族
忘れられない出来事
交通のご案内館内施設・お食事のご案内空室状況・ご予約最新情報雑貨の部屋
これまでに公開してきた日記です。

2017年版
.
夏休みの常連の皆様が各地からまたまた遊びに来てくださっています。
トールペイント作品が途中になった時は、「また来るから!」と、作品棚にお預かりして続きを描いていただきます。
次回の再会のお約束の作品達は、その時にご一緒した楽しい時間と会話が詰まっています。
時々、その作品棚に目をやってはお顔を思い浮かべています。
今夜は昨夜に続いて、たまたま作品の続きで仕上げをする皆さんばかり!!ルミさんから始まって広島のマルタニさんに、小川ファミリーのママとお嬢さん達でした。
各々作品に、再会されて「続きをどうするつもりだったんだっけ、、えーっと、うーんと、、」と言いながら仕上げをしました。
完成して今回は作品達が皆さんのオウチに連れて帰ってもらえるね!
でも、ちょっと淋しいなあ、、前回の再会から毎日この作品棚に作品達は居りましたから。
また是非遊びに来てトールペイントをご一緒しましょうね!
.
福田さんファミリーがまたまた遊びに来てくださいました。今夜はフィールドバレエの千秋楽です。母娘でバレエエを御覧になって大きいパパとお孫さんは毎回トールペイント教室に参加してくださるのが恒例です。
 絵がとっても巧い今回はグリーンの硝子ボトルに描きます。
大きいママが玄関に花を活けるのにあげるそうです。
 優しいなあ!!前も確かバッグに描いてプレゼントされましたよね。
 「これまでに描いた作品も家でみんな使ってますよ!!」に本当に嬉しくなりました。
 有り難うございます。
ご一緒出来て本当にうれしいです。
また来年も是非是非お会い出来ると嬉しいです。
.
夏のハイシーズンの前に、懐かしいリピーターのお客様、ファーストトレインを見つけて下さったお客様がまたまた遊びに来てくださって、トールペイントをご一緒しています。
ファーストトレインを開業してから、もうすぐ20年!
それと共に雑貨にアクリル絵の具で、絵を描くクラフトの趣味を皆さんと一緒に会話に花咲かせて筆がこんなに皆さんとの距離を間近にしてくれ本当に幸せです。
 それぞれ皆さんが作成して連れて帰って下さった作品たちは、これまでで幾つの作品になったことでしょうか。
 そんなことを思いながら写真に納めさせていただいた皆様の笑顔が次々に浮かんできて胸がいっぱいになります。
 本当にいつも有り難うございます。
これからもまだまだこの小さなアトリエでご一緒できると嬉しいです。
.
久しぶりに松っちゃんファミリーがアメリカから夏休みで帰って来たゆめちゃんと勢揃いして遊びに来てきれました。
あの小さかったゆめちゃんに初めて会ったのは、ファーストトレインの外壁が白い壁で赤い屋根だった頃のこと。
その後、まっちゃんが生まれてお姉ちゃんになり四人家族になって何回ファーストトレインに何回も遊びに来て下さってずっとお付き合いが続いていて本当に嬉しい限りです。
いつも有り難うございます。
ファーストトレインが今夏20周年になる話に併設のトールペイント教室も20周年になるんだなあと、胸がいっぱいになります。
すっかり大きくなったゆめちゃんとまっちゃんと、トールペイントしながら話が尽きません。
ゆめちゃんが、ずっとずっと前に、私が描いた作品の櫛を今もずっと使ってくれているって見せてくれました。
私の手元から離れ使い込んでくれて飴色に育ててもらって、作品もゆめちゃんの元で幸せそうでした。
そんな話をしながらイニシャルの花文字の作品があっという間に完成しました!!
次に会うときはアメリカの部屋のドアに飾ったところの写真を見せてくれる約束ね!
.
体験学習で千葉からやって来てくださった皆さんと一緒にトールペイントです。
今日は17人の生徒さんでネームタグを作ります。
授業のヒトコマとしてペンションで受け持つのですが皆さんがこの科目を選んでくださいました。
皆、真面目に真剣に聞いて作品作りに取り組んでいます。
普段はあんまり絵は得意じゃないんだけど、、と、言いつつ絵を描いてるウチにハマるわー!と言って夢中になる生徒さん、紙に描くのと違って超面白かった!!なんて言ってもらえると本当に嬉しくなります。
皆さんとご一緒出来て私もとっても楽しい時間なのです!
お土産として持って帰って使ってね!!有りがとうございます。

.
またまた、深田ファミリーが帰って来てくださいました。
トールペイントに参加するには、パパからユキちゃんに大事な約束とその確認の儀式があります。
その内容に必ず大きなハッキリした声で1つ1つ「ハイ!!わかりました!!!」
と返事をするユキちゃんの可愛いこと、可愛いこと。
もうトールペイントがやりたくて、やりたくて一生懸命なのです。
モチロンお姉ちゃんのモエちゃんも、ママも一緒に参加してくださっています。
トールペイントに熱い思いを向けてくださっているだけあって、上手になるのが早いのです。
  見てください!!3人揃って今回もスゴいでしょ!!素敵でしょ!!
.
いつもは皆さんとご一緒するトールペイント教室の話をここでご紹介していますが、今日はちょっと私の話を。
 Hawaiiで是非現地の手芸屋さんに行ってトールペイントの材料を入手してみたかったのです。
  Hawaiiは自分の住所を文字にして表現することが一般的なのか大好きな人が多いのかアルファベットと数字になった切り文字やスタンプが沢山、目に止まりました。
 私もついつい、、、アルファベットの切り文字は例に習ってモチロンのこと、レクチャー用に大きな大きな筆セット、ステンシルプレートもご当地Hawaii柄!気がつけば買い物バスケットがイッパイになっていました。
  清里に帰って来てアトリエのテーブルの上にスーツケースから出してみました。
 また皆さんとトールペイントをご一緒出来るのを楽しみにしています!
.
小学生の頃から家族でいつも遊びに来て下さっている、あーちゃん。年末にも来て下さって昨年社会人になってからは日にちを改めて彼氏のユー君とも遊びに来てくださるようになりました。
あーちゃんとは必ずトールペイントが御決まりで、今夜モチロンユー君もまたまた一緒に参加です。

ユー君も学生生活を終えて今年から社会人、消防士として活躍されることになり、宮城へ戻ります。
そんな決意とこれからの信条を今日のトールペイント作品に込めました。

その横であーちゃんも作品に1つの言葉を書き入れて仕上げます。
絵を描くだけがトールペイントじゃなくて、こんな素晴らしい言葉にならない沢山の思いが籠ったそれぞれの作品が仕上がります。
めげそうになって泣きたくなったり、淋しくなったり、更に頑張りたい時にこの作品達がエールを送ってくれることでしょうね。

そんな時間をトールペイントでご一緒出来る事に嬉しくなります。いつも本当に有り難うございます。


.
とっても近いんだけど、、萌木の村のメイフェアのスタッフ仲間の皆さんが泊まりに来てくださいました。私も大好きなお店です。
カントリー雑貨、インテリアが大好きでアチコチ写メに収めて下さって私もとっても嬉しくなって話が盛り上がります。
さあ、普段のお仕事での地元ネタは立ち話でも出来ますが、トールペイント教室の参加はファーストトレインにお泊まりいただいた特権ですもの、今日は是非ご一緒しましょう!!

それにしても何と皆さん素晴らしい、上手なことったらありません。
雑貨、インテリアが好きでスタッフとして働いていてセンスが良いのも超納得です。

また是非ご一緒出来ると嬉しいです。クマのパパさん調所さん、いつも本当に有り難うございます!


2016年版
.
毎年年末に必ずお会いしている高橋ファミリーのアーチャンとハルちゃんと一緒に恒例のトールペイント教室です。
 今やすっかり社会人になったアーチャンは仕事の都合で現地集合で駆けつけてくださいましたよ。
 家族揃ってファーストトレインに帰ってきてくれてもう何年目になる?!もう10年以上になったよね、こないだは彼と来てくれて有り難うね。
 そんな話と近況報告をしながらパパとママも必ずテーブルに着いて下さるこのトールペイントの時間は、高橋ファミリーとの絶対外せない大事な項目なのです。
 見てください、今回も出来上がりました!!2016年最後を飾る作品です。
.
30年以上続く同窓生の仲間での旅を松井さんがまとめてくださって遊びに来てくださいました。
「記念にトールペイントやろうよ!」と言い出し参加してくださると皆さん「やろうよ!やろうよ!」
筆を進めているうちにドンドン集中して絵に入っていきます。
なるほど、どうりで皆さん、、、絵が得意なんですよ!!
素晴らしい完成になりました。
.
ファーストトレインで3年前に結婚式を挙げた常連の元吉さん御夫妻です。
遡ること初めて遊びに来てくださったのはヤッパリ私のカントリーイベントの日でした。
私のカントリーのときにはトールペイントが必ずでした。それから何度目かの私のカントリーのイベントのヤッパリトールペイント教室の後に「相談があって、、実は、、ファーストトレインで結婚式したいんですけど、、」と切り出され実現化したのです。
一層仲良しのお二人を前に今夜も一緒にトールペイント!!
近況を聞かせてもらいながらホント嬉しいなあ〜♪、
いつも本当に有り難うございます。
.
「カントリーが好き!」が共通項になって私のカントリーイベントの前夜からトールペイントのアトリエには筆を走らせ買ったものとはまた違う、カントリーグッズを自作しちゃう皆さんが集まって下さっています。
選ぶ色、筆のタッチ、その人その人の感性でどれと言って同じものはありません。
これが私には何にも負けない究極のオリジナルグッズに思えます。
どれもが本当に素敵なんですから!!
何方も一生懸命に作品に取り組んで下さる様子は本当に何度のレクチャーを重ねても熱くなってしまい完成した作品を前に嬉しくなってしまいます。
有り難うございます!見てください!!ネッ!スゴいでしょ。
.
初めて遊びに来てくださった新婚ご夫婦の豊泉さんです。
トールペイントは初めてとの事ですが、ナントナント巧い!!
しかもお二人とも揃ってですから驚きました。
もしや絵を描くお仕事されているから?!、
「いえいえ、、」
ホントにー??こんな会話になるくらい筆捌きが上手なんです。
 見てください、とっても素敵に仕上がりました。
また是非ご一緒したくなりました。
ファーストトレインへトールペイント作品を描きにいらっしゃってくださいね!お待ちしています。
.
変わらず元気なお顔をみせてくださった伊東さん親子です。
すっかり大人になって母と息子の旅にまたファーストトレインを選んで下さって本当に有り難うございます。
トールペイント教室はお会いすると必ず参加してくださっています。
今回も懐かしい話に花咲かせ近況報告しながら筆を滑らせ楽しい時間でした。
新しい道を切り開いたお兄ちゃん、完成した作品は事務所を設立してそこに置いて使うために、ママにはハンコを押してもらうって?!
ステキ!またその後の話の続きを聞かせてくださいね。
.
三重から遙々来てくださって私を「ボクの先生」と呼んでくださるパパ、そしてみのりさんです。
私の誕生日をいつも覚えていてくださっています。
今年の誕生日もパパからのサプライズプレゼントをいただいて感激です。
二夜に渡って作製した得意技の「イタリア」カラーシリーズもバッチリ完成です。
みのりさんの可愛いpen立てもとても素敵にできあがりました。作品を前に今回の再会を名残惜しみながら「先生、正月の予約して帰るわ!」と。
2017年の幕開けからご一緒にまたトールペイントやりましょうとも!!心よりお待ちしています。
.
8月は夏休みの常連の皆さんが毎日各地からいらっしゃってくださっています。しかも夜のトールペイント教室も参加回数がどなたもベテランの領域になってきました。
その中でも偶然去年もご一緒の日にご宿泊だった三重の門脇さんに広島の丸谷さん。
「去年もファーストトレインにウチと同じ日に居てましたよね?!」
スゴいスゴい。ファーストトレインに来てくださっている回数が増える程に、お客様同士の再会がアチコチに見えて嬉しくなります。本当に改めて何度も遊びにきてくださって有り難うございます。
トールペイントのアトリエの机を囲んで「また来年もファーストトレインで会えたら嬉しいです!」そんな会話にまた胸がイッパイになるのでした。
.
深田ファミリーがまたまた、またまた遊びに来てくださいました。滞在中、トールペイント教室に参加がお約束です。
今回は皆でお揃い、イニシャルの花文字をデザインに描いてみました。
筆使いがメキメキ上達されて、素晴らしい!!
横でパパが面白すぎるコメントで飛び入りしてくださって、またこれが楽しみなのです。
いつも本当に有り難うございます。
.
古井さん姉妹がフィールドバレエが終わって急いで帰って来てくださいました。
これまでは、フィールドバレエ公演期間に入るとトールペイント教室の時間は夕食後がフィールドバレエの開演時間と重なっていたため、ファーストトレインに遊びに来てくださってる皆様にトールペイントかフィールドバレエのどちらかしか参加していただけなかったのです。
でも今年から開演時間が一時間早くなった為、終わってから9時から始めるトールペイント教室に間に合うことが出来ました。
ところが筆を滑らせながらお話をよくよく聞いたら、古井さんのチケットがサイン色紙の抽選に当たっていたのに、それを待っているとトールペイント教室に間に合わない、、それよりトールペイントがしたい!って辞退されて大急ぎで帰って来て下さって目の前で参加してくださっている事を聞いて本当に感激してしまいました。
有り難うございます。
作品が出来上がってまたまた喜んで下さっている様子にまたまた嬉しくなりました。
また是非バレエもトールペイントも御一緒しましょうね!!
.
いつも本当に有り難うございます。
10年来の常連の長嶋ファミリーの皆様です。今では3世代で遊びに来てくださるようになってお婿さんが運転して下さる車の後部座席に乗っていらっしゃる、えみ子さん!
  またまた12月に孫がひとり増えるんですよ!!
皆に囲まれてとても幸せそうなグランマぶりを拝見出来て嬉しい限りです。
 そしてお会いして以来、今も変わらず必ずご一緒する恒例トールペイントはとても嬉しい時間。
 作品は、全部でいくつになったかなあ。
ゆずちゃんは1度に二つも作ります。スゴイスゴイ!
FTに着いて間もなく勝手知ったアトリエへ直行して「ファーストトレインに来てトールペイントするのが目的だから!」と、嬉しいことを言ってくれます。
  さあ、出来上がった作品と一緒にハイポーズ!
.
洋子さんが新しい名字になって、スッカリ元気になって帰ってきました。
今日はトールペイントも久々に!
絵を描きながら、「実はファーストトレインで初めてやったトールペイントがきっかけで、中学、高校の美術の教員免許を取ったんですよ!」スゴいスゴい!!とても感激しました。
今日の作品はこれまでの作品と一緒に並べて個展を開くそうです。
 嬉しい話が沢山聞けました。本当に有り難うございます。
.
千葉からやって来て下さった中学生の皆さんです。
翌日先生を含め男子16名!いつものアトリエからダイニングに場所を移して朝食後にレクチャーします。
今日はネームタグを全員作成します。
時間より早く集まってとても真面目に取り組んでくれています。何て素晴らしいのでしょうか!!
描きながら、完成が見えてくるとお別れの時間が近づいているのもわかっていて小さな声で帰りたくないなあ…、もっとここにいたいなあ、、ここに住みたいなあ、、何て可愛い事を言ってくれるのかしら。
テーブルの皆さんの作品を見ながら昨日の夜に皆で大盛り上がりで楽しかった様子を思い出します。皆さんも作品をお土産に持って帰ってこの清里の時間を思い出してくださいね!
有り難うございます。
.
独身の頃から遊びに来てくださってトールペイント教室に参加して下さっているエビチャンと今や小学2年生になった娘さんのふうちゃんがまたまたトールペイント教室に参加してくださっています。
ふうちゃんは絵を描くのが大好きで実は未就学の時から参加してくださっていて今回もそれはそれは楽しみに楽しみにしてくださっていました。
持参したノートにはトールペイントをする日付までかいてあって下描きがいくつもされてあります。
ファーストトレインに来てトールペイントをする日をこんなに、楽しみにしていてくださったなんて!!
いつも本当に有り難うございます。
.
お揃いの色にお揃いのデザインで横に並んで座って筆を滑らせる様子に、ずっと前からの友達?!と聞いてしまう位、仲良しの先生同士です。
生徒の皆さんからも大人気がうかがえるお人柄です。
作品の材料選びもまずお勤め先の学校でとつかえるものを前提なんですもの。
きっと生徒のみなさんもある時、先生の作品を見つけてお揃いだと言うことまで気づいた時には、とっても感激されると思います!!
ファーストトレインでそれぞれの自分で描いたトールペイント作品がまた、それぞれの場所で活躍してくれると私もこれ以上の事はありません。本当に有り難うございます。
.
お会いする時は必ず連泊で1年に5回以上遊びに来てくださって常連の大御所のキヨさんもその熱意に念願のマイカップキープを認めた深田ファミリーです。
そのユキちゃんがFTに来るときは必ず例の「ねえ、やりたい!!ねえ、トールペイントや、り、た、い!!」が聞こえます。
そのあとにはパパとママからの今後のお約束ごとが続きます。
パパの決め言葉の「それが守れるなら!」に、大きく何度も頷いて教室参加が認められます。
そんな可愛いユキちゃんはトールペイントが始まると驚く程の集中力で作品に取り組んで素晴らしい物が出来上がります。
本当にこんなに、トールペイントが大好きで参加してくれて嬉しい限りです。
今回も見てください!お姉ちゃんのもえちゃんもその横で制服用のハンガーを黙々と仕上げましたとも!!
いつも本当に有り難うございます。
.
春休みになって進学される皆さんとの再会に嬉しくなります。
1つの節目に成長された様子にそれぞれ始めてお会いした頃の話になります。
見守る大人からの子供達の1年1年は本当に劇的に変化してその姿を目の当たりにしていますと、いつから大人って子供の時のように大きくなったり新しいものを吸収するのが緩やかになってしまうのかしら、、なんて。
元気な皆さんにまたパワーをもらって、さあ、まだまだ頑張って楽しんで描きますよ♪
.
久し振りー!元気だった?!!受験を終えて4月から高校生になるナッチャン、すっかりお姉さんになっちゃいました!!
 なんとファーストトレインで何度もご一緒したトールペイントがきっかけで絵を描くことが好きになって、美術専門の学校に合格された事を伺って胸がいっぱいになりました。
エエ、初代なっちゃん1号に続いて2号ナッチャンもです。
 幼い子供たちから憧れてもらえる、そのきっかけの道になったトールペイントをまたまたご一緒しながら嬉しい再会の話が尽きません。
有り難う、有り難う。私もまだまだ描きますよ!
.
今夜のトールペイント教室には皆さん全員が「先生」です。
それぞれの教科のプロです。
その皆さんがぐるりとテーブルを囲んでご一緒に筆を滑らせて下さっています。
肩書きを下ろした優しい顔の皆さんがとても一生懸命な姿がまた素敵です。
各々完成した作品がまた素敵!!
ぜひまたご一緒したいです。有り難うございます。
.
あのカッコイイパパ最高段位茶師の前田さんが、皆が憧れる父娘二人でサッチャンとまたまた遊びに来てくださいました。
前田さんともホントに長いおつきあいです。
トールペイント教室に参加して下さるのもお約束パターンでいつも本当に有り難うございます。
またそれが面白すぎて笑える事、笑えること!!
絵を描いているはずなのに、ずっと笑いっぱなしになることもそうは無いはずなのに、、前田さんがテーブルに座ると笑いが
始まります。
笑いながら完成した今回の作品を見てください!
2015年版
.
今年も残すところわずか、、。
必ず年末にお会いしている高橋さんのあーちゃん、ハルちゃんと以前も遊びに来て下さってトールペイント教室に参加して下さっていた山田さんもまたまた母娘で一緒に筆を握りました。
近況や嬉しい 報せを聞いたり、とても楽しい時間です。
また来年も元気なお顔を見せてくださいね!良いお年を!
.
何度も回を重ねて、本当に丁寧に仕上げられた作品です。
トールペイント教室のアトリエの作品棚で途中経過を目にされた方も多いと思いますよ!
 いよいよ完成しましたとも!!
あゆみさんも、斎藤Bさんも、ヨヨママも!!
各々素晴らしい大作です。
 今日で作品たちも各々のお家に連れて帰ってもらって、活躍させてあげてくださいね。
.
そうそう、常連の大御所陣の斎藤Bさんが例の続きの作品を、ヨヨママが新しくペンたてを材料に真剣に取り組んでいますよ。「今回で仕上がりにかなあ、、」
お話に夢中になっていませんよ。しっかり筆が動いてますとも!!
だって大作だからねー。
これでイインデス。慌てずに丁寧な筆運びに、図柄が呼吸をし始めていきます。
完成まであと、もう一息!楽しみ楽しみ!!
.
私のカントリーイベントで朝早くから清里入りしてくださったにもかかわらず、夜はトールペイント教室に参加してくださっています。
筆を握りながら、「ねぇ、今回も何か良いものみつけましたか?」が共通話題。
何しろ、今日のお泊まりの皆さん全員がイベントに何度も行っているのですから話が尽きません。
完成できるかなあ、、また次も予約して帰るし。
また、次も来るから、続きにしよかな。
あっという間にトールペイント教室の時間は過ぎていきました。
.
毎月、遊びに来てくださっている向芝さんファミリーが今月はスタッフさんも誘って遊びに来てくださいました。
ライチャンと大きいママとのトールペイントは毎回の恒例となっています。
今夜はパパさんもスタッフさんもフルメンバーで参加して下さっています。
この中ではライチャンが一番ベテランで、一番複雑な作品を一番早く仕上げてました。
さすがです!!
そしてパパさんも手にも絵具を沢山付けて、最後まで夢中になって頑張って下さっていました。
見てください!素敵な作品が各々また出来ましたよ!
翌日の朝はらいちゃんから私へ「これチヅルさんに、、お家で作ってきたの!」と作品をプレゼントしてくださいました。
らいちゃんからのプレゼントを持って私も一緒に並ばせてもらってハイ、ポーズ!
.
この夏で11回目の再会の小石峰ファミリーの皆さんです。
トールペイント教室の時間は毎回の近況報告会でもあって、私もつい嬉しくなって気が付くと話に夢中になって時どき皆さんの筆を止めてしまっていることがあります。
諭吉ちゃんの話になると特にです。
今回はアイちゃんの彼氏ができた話にママのお仕事のこと、楽しい話にホンと時間が足りない足りない!
完成した作品を前に、まだ話足りない!!
大人になってしまったらまた何かを習いたくなりますよね、、と、言う話から「私はフラを習ってるのよ!」、、に、「え〜!!、私も!!!今、ちょうどフラに行きはじめて〜」キャー大変大変!嬉しくなってまた大騒ぎです。
だって、常連のお客様でフラをやってる人は何故かまだこれ迄に居なかったの。ワア、フラ友よね!
「次は筆を持って、、、フラを一緒に踊りましょうよ♪」、
「じゃあパウを持ってきます!」に大盛り上がりしました。
 ファーストトレインのトールペイント教室は作品を描きますがこの「おしゃべり」も楽しいのです。ウフ
.
ファーストトレインを開業した年の冬にお会いして以来、18年の長いお付き合いの清水ファミリーです。
オシャレだった元祖ジー君が今年天国に旅立たれようやく落ち着いて遊びに来てくださいました。
ファーストトレインの看板ロゴを見て「きしゃ!」と言っていたマコチャンも今ではすっかり大学生でステキなお兄さんになって、 今夜も皆さん揃ってトールペイント教室に参加してくださいました。
ジー君もテーブルを覗きに来て下さっている気がします。
パパはご自宅の絵、お兄ちゃんマコチャンは汽車の図柄、リカさんはジー君の写真を入れて飾れるようにフォトフレームを完成させましたよ!
本当にまた会えて嬉しかったです。有り難うございます。
.
毎年家族で遊びに来てくださって、バースデーカードをプレゼントしてくださるショーちゃんととも子ママです。
ショーちゃんが私の身長を追い越していて2度ビックリ!!
こんな成長を拝見できる嬉しい再会に感激です。
トールペイント教室も毎回参加して下さって近況を聞かせていただくのが本当に楽しみなのです。
今回は大きめの材料にステンシルをしました。
ショーちゃんの仕上げる作品も、うんとシックに大人っぽくなりました。見てください!ステキステキ!!
.
嬉しい再会が続く夏休み。
今日、御宿泊のお客様も皆さん全員が夏の常連さんです。
トールペイントも必ずの必ずです。
男性はこの涼しい清里の夜の空気に身体が睡眠を欲っしてお休みに、今夜は女性だけが参加のクラスになりました。それぞれのママさんは各々ストラップの材料を皆お揃いで丁寧に一筆ずつ描くバラのデザインで、ミーちゃん、ゆっこちゃん、あっこちゃんはもう何度も来て参加しているので手順もバッチリでそれぞれの作品を完成させました。
来年も是非またお会いできるのを楽しみにしています。
.
今日も全員がそれぞれ常連の皆さんがトールペイントに参加してくださっています。
丸谷さん親子に、みのりさんにカッコイイパパと前田ファミリーのママとたかちゃんにサッチャンです。
ここに前田パパがいると「笑い」が止まらなくなり始まるのは時間の問題でした。
プロフェッショナルにも本にも多数出てしかもカッコイイ!のパパはいつも大真面目に笑いのツボにハマる一言が飛び出すのです。
教室は笑いが絶えず、、今回のパパの名言「自分で作ってみることに意味がある!」またそこに丸谷さんのプロフェッショナルのジャジャジャーンのバックミュージックが入るから尚更です。
楽しい時間はあっという間、皆さん完成!
.
またまた親子に見える位若くてステキな向芝さんのグランマとらいちゃんと恒例のトールペイント教室です。
いつもとても、楽しみにしてくださっていて嬉しいかぎりです。
大好きなバラを描きたい、と挑戦です。
らいちゃんも手慣れたもので、ペンたてに沢山の小花を丁寧にぐるりと描きちりばめています。
「バラはヤッパリ難しい、、」と言っていると横でらいちゃんが「また来るから今日全部出来なくても次にやれば良いじゃん!」とグランマを励ましている様子が頼もしくて嬉しくなります。
夏休みは会うたびに益々大きく成長されている子供の皆さんの姿に再会の喜びを感じるのです。
いつも本当に有り難うございます。
.
毎年この時期に必ずお会いしている古関ファミリーと八木さん母娘で今夜もトールペイント教室です。
直子さんは前回の続きを完成させて、すっかりレディに、なったチエちゃんは大きな手鏡を、リックんは数年前に直子が作って長らく使った表札を新しく掛け変えるための表札を。
八木さんのお母さんは文字に意味を込めてヒマワリの絵でたかこさんは、たくさんのトロピカルな葉のデザインで、みんなみんな素敵な作品です。
教室が終わった後に、何となく誕生日の話に。
何とたかこさん、私と1日違いで一年後にハーフセンチュリー!昭和40年会員の直子さんもビックリ!
これは何かのご縁ですよね。
また是非お会いしましょうね!
.
夏休みに入って次々常連のお客様が帰ってきてくださいます。
グランマえみ子さんにゆずちゃんも帰って来てくださいました!
トールペイントは欠かせません。
フィールドバレエ期間中は夕食も時間を早めて開始するので、トールペイント教室もいつもより早くスタートします。
「昨日は楽しみ過ぎて眠れなかった、、」ゆずちゃんのこんな可愛い言葉を聞いて嬉しくなります。
夏休みの自由研究に持って行こう!2段引き出しの白木を選んで、これは張り切っちゃいますよね。えみ子さんも素敵なバラのpenたてを完成です。素敵素敵!!
.
FT軍団で参加したハロウィンパーティーで優勝もしたサチヨサンが、トールペイント教室にも参加です。
「何でもやってみなくちゃ!」がサチヨサンのモットーですものね。
これが若さと元気の源なのでしょうね。
「ホントだ!!出来た出来た!」喜ぶサチヨサンに私も嬉しくなりました。
さあ、明日はフィールドバレエをエメラルドシートで観なくちゃですね!
.
赤ちゃんの頃からずっと遊びに来てくださっているユカちゃんが今年はすっかり大学生になりました。
嬉しい再会いつも本当に有り難うございます。
トールペイント教室も欠かさず必ずです。
元気なお顔を拝見させていただきながら筆を滑らせてのお話がとても楽しみなのです。
それにしても、もう作品はいくつあるかしら、、。
さあ、FTが新しく変わった所はどこかしら??
諭吉っちゃんがね、、話が尽きません。
あっと言う間に完成!
また次の夏も楽しみにお待ちしております。
.
ついこの間遊びに来てくださっていた、ひとみさんとふうちゃんがまたまた妹さんの親子を誘って遊びに来て下さいました。
 ママ達はフィールドバレエに行ってる間に、、ふうチャン、千聖ちゃん、千愛ちゃんは従姉妹同士でトールペイントしているから、、と、参加してくださいました。
 学校の話、近所の話、食べ物の話、部活の話、筆を滑らせながら色々なお話を聞かせていただきましたよ。
楽しい時間はあっという間、素晴らしい作品が完成しました。ママ達がバレエから帰って来たら自慢しなくちゃ!ウフ
.
アッコさんの愛娘、マリちゃんが大学のゼミのお友達を誘って遊びにきてくださいました。
スゴイスゴイ!
これまでは、お母さんのアッコさんがお友達家族を纏めて下さっていたのが、今ではマリちゃんが直接電話を掛けてきて下さってその姿を彷彿とさせてくださるのですから!
夕食後は恒例のトールペイントです。
見てください。皆、素敵な作品が出来上がりました!
マリちゃん、嬉しい再会本当に有り難うございます。
.
岸さんが、またまた三世代の女子会で遊びに来てくださいました。モチロン夜はトールペイントです。
大きいママが今回はスケートの羽生君の全身が写った雑誌を手にしています。
「私スゴくファンでこの衣装を描きたくて!」
フムフム、羽生君の衣装を??
さて、どんな風にアレンジしていこうかしら、、
ところがもともとステンドグラスをされているのでセンスバッチリで配置を聞いてるうちに「なるほど!」
羽生君の衣装を「さすが!」です。
完成を見て下さい!
ゆう子さんもお嬢さんもとても素敵に仕上がりました!
大きいママからプレゼントしていただいたステンドグラスの作品、大切に使わせていただきますね!
.
「チヅルさーん、ただいま〜!」嬉しい声に思わず両手で握手です。
福島の高橋さんが今回は地元婦人会の皆様を誘ってバスを貸切りツアーを組んでくださいました。
  やっぱりなんと言ってもトールペイントは外せません。
皆さんでアトリエのテーブルをグルリと囲んで始まり始まりー。
 手に手にお気に入りの白木を選んでいます。
バックカラーが入っただけでもうんとイメージが変わり、
 笑い声が絶えません。
描きたい絵も皆違ってとっても良いんです。
  任せて!!描き方のレクチャーも、もしもの時も。
その為に私がここに居ますよ!
出来上がった作品にどこへどんな風に飾ろう、それぞれのアイディアが浮かびます。
 朝のダイニングでまたそれぞれの手に手に作品が光っていますよ。清里の思い出をタップリ含ませた作品を連れて帰ってくださいね!またお会いしましょう。
.
またまた深田ファミリーの皆さんが遊びに来てくださいました。
グリーンシーズンはお約束の家族全員でのトールペイント教室の参加です。
ユキちゃんの顔が何度も綻びます。
見てください!この嬉しそうな笑顔を。
ファーストトレインのグリーンシーズンにお会いしてご一緒した数だけその時間を作品に染み込ませてお家に連れて帰ってくださいね!
.
いつも年末家族で遊びに来てくださっているあずさちゃんが、彼氏のお誕生日に来てくださいました。
小学生の頃からあずさちゃんの事を知っている私。
 いつか大人になって彼氏が出来たら連れてきてね!なんて話していたのよね。
 一昨年あたりから、彼氏の話を伺っていたのでいよいよ今日はなんだか親戚の叔母さんのような気持ちでドキドキしていました。
 あずさちゃんとのトールペイントはお会いすると必ずご一緒しています。
 今回も二人で参加してくださいました。
あずさちゃんは、お仕事で使えるように手鏡、彼氏のゆうやくんは、放れて暮らす家族に写真を入れてプレゼント出来るようにフォトフレームです。
 とても素敵なお似合いカップル!素敵な作品完成!
2014年版
.
毎年この時期に必ずお会いしている高橋ファミリーのあずさちゃんとはるかちゃんです。
すっかり二人ともキレイなお姉さんになっちゃいました!
一年ぶりのお話はトールペイントをしながらというのが何が何でものお約束です。
近況を聞かせてもらいながら、デザインを決めます。
すっかり手順も慣れたもの。話が止まらなくても筆はバッチリ動きます。
そしてパパが必ずそんな様子を見守って、教室のテーブルに着いていてくたさるのもお約束です。
見てください!またまた素敵な作品が出来上がりましたよ!
.
またまた嬉しい再会に感激!お会いできましたとも!
モチロン今回もトールペイントです。
パパはオーナーと暖炉でポップコーンを楽しんでいる間に、女性陣は一段とバージョンアップした図柄に挑戦です。
今回はちょっと作戦が作品に隠されています。
「次回へのやくそく」です。
トールペイントの続きを理由にまたファーストトレインへ近いうちにやってくる!です。
 嬉しい嬉しい!!喜んで作品のお預かり引き受けましたよ!
.
何度も遊びに来て下さっている駿藤ファミリーの皆さんです。
ファーストトレインでのトールペイント教室はアッコちゃん、ユッコちゃんの定番中の定番事項です。
回を重ねるごとに目を見張る上達ぶりに、驚かされてしまいます。
一緒に参加していた、みどりさんも千鶴さんもその様子にビックリされていました。
今回はママにも参加していただくことになりました。
見てください!この上達ぶりを!
.
岸さんが、今回はお母さんとお嬢さんとご一緒に親子三世代の女子会でまたまた遊びに来てくださいました。
ママは初めてお会いした時に、トールペイント教室に参加して下さって以降、ご自宅の近くの教室にも通うようになられていてグングン腕も上げました。今では50作品も描いたそうです。今夜はお母さんがトールペイント初デビュー。迷いに迷った材料3つ共やってみることにしました。スゴイスゴイ!
見てください。皆さん揃って出来上がりましたとも!
また、是非ともご一緒しましょうね。
.
いつもお会いするたびに、必ずトールペイントをご一緒している、ひとみさんとフウカチャン、ヨリコさんに、今回は東海さんのパパさんもデビューです。
「さあ、何を描こうかな?、」
ふと私がいつも使っているペーパーパレットを挟むバインダーに描いたバラに目が止まりました。
「今日はバラをかいてみない?」と提案してみたところ、皆で同じテーマで描いてみることになりました。見てください!
それぞれ素敵なバラが咲きました。ウフ
.
8月最後の週末の教室は、いつもいらっしゃってくださるナオコさんと春から社会人になったお兄ちゃんと、10年前にまだ苗字が変わる前に遊びに来て下さったひろみさんが、柴田さんになって、ご主人と一緒に参加してくださいました。
 筆を進めていくうちに、会話の波長が合う?頷くところが同じ?もしや年代が近い?!
昭和40年のチヅルさんを皮切りに41年のオーナー、42年の柴田さん、43年のナオコさん、44年のひろみさん、ナントなんと歳が1才ずつ違う縦繋がりと言うことが判明しました。
これはまた新しい会を作っちゃう?
ひろみさんが作品に書いた「清里wonderland」の会!またまた是非このメンバーでお会い出来ると嬉しいな!
.
この夏も、お会いできましたとも!
アッコちゃんとゆきこちゃんに!!
バラのお洋服はFTに来るために、だそうです。夜はモチロン、トールペイントをご一緒します。アッコちゃんは能楽を始めたので扇子に、ゆきこちゃんはネームプレートに描きます。「明日はどこ行くの?」「うーん、考えてない…、だってファーストトレインに来るのが目的だから!」なんて嬉しいことを言ってくれるのかしら。有り難う有り難う。
明日は諭吉っちゃんの畑にも行ってあげてね。ウフ!
.
毎年夏休みに必ずお会いしている小川ファミリーのしのぶさんと、ミーちゃんです。
昨年からミーちゃんは、ママのお手伝い無しで作品を完成出来るようになったので、今日はゆっくりしのぶさんも大掛かりな作品にチャレンジです。
「え?小林会長が!?、バロン?家からめちゃめちゃ近く、ご近所ですよ!」先日、いらっしゃったばかりの昭和40年会会長が横浜から移った話題になり、筆を握りながらお住まいの岐阜の話で盛り上がりました。
 あっと言う間のアトリエの時間、またきっときっと来年もお会いしたいです。
.
毎年この時期に必ずお会いしている平さんファミリーとこの夏初めて遊びに来て下さった龍腰さん姉弟です。トールペイント教室で筆を動かしながら、お話に花咲きます。
近況報告に今日行ってきた所、明日の予定、テレビの話や部活動の事…。
楽しい笑いの中、急にフーッとため息をつく翔ちゃん。「もうここに居る時間があと何時間しか無い…」本当にそうだよね…。
再会までの時間はあんなに長かったのに、皆さんと、こうしてご一緒する時間は、何てあっと言うまに流れていくのかなあ。
アトリエの灯りを消したあと、もう一度、翔ちゃんからいただいたbirthdayカードを開きます。
温かい平ファミリーのメッセージにまたまた胸がいっぱいになります。
有り難う、有り難う。またきっと会いに来て下さいね。心よりお待ちしています。
.
毎日夕食後のトールペイント教室の、アトリエのテーブルが満員です。
私が楽しみにしている嬉しい時間です。
皆さんの各々の作品の完成までの会話もとても心に残り、前回お会いした時の事を回想します。
12年前に作った作品を持ってきて下さった三村さんもシリーズで描いてみました。
夏休みのファーストトレインのお客様は7割がリピートのお客様と常連のお客様なのです。
 お陰様で17年、皆様が見守ってくださってる事が私達の何よりのエネルギー源でこうしてファーストトレインを続けて来る事が出来ているのです。本当に本当に有り難うございます。
.
平沼さんがまたまた遊びに来てくださいました。
今回は三姉妹のもうひとりの妹さんとご一緒です。白木を何にしようか悩みます。
バスケットに決めたのですがどちらの形にしようか両手に持って何度も見比べていました。わかるなあー、その気持ち。
だって私も同じなんですもの。
どちらの良さも捨てがたいんだもんね。
妹さんも、始めに手にした白木からやはり…、とペンスタンドにしました。
絵に入ると、迷いがない筆さばきに可愛い作品がそれぞれ出来ましたよ!
次は三姉妹そろってまた是非遊びに来て下さいね。
.
先々週もお友達と遊びに来てくださった市川さんです。
 今回は息子さん家族、娘さん家族と合流して皆さん勢揃いでまたまた遊びに来てくださいました。
「夜はトールペイント皆でしたいんですけど。」
喜んで!ぐるりと市川ファミリーでテーブルを囲んでくださいました。皆さんそれぞれ素敵な作品になりました。
.

長いお休みの時には、必ずお顔を見せてくださる深田ファミリーの皆さんです。
前回はもえちゃんとゆきちゃんが教室に参加してくださって、パパとママがサポートしてくださっていましたが、今回は各自一作品!
それぞれ伸びやかに描いた素敵な作品を見てください!良いでしょ。

.
ここ数年、毎年この時期にお会いしている三沢さんファミリーです。
トールペイントは必ずのお約束になっていて近況のお話しをながら、お兄ちゃんとユズクンも一緒です。
良いね良いね!子供達が大きくなって社会人になっても、休みをあわせてこんなに仲良くできる時間を持っているなんてホント素敵です。
本当にいつも有り難うございます。
パパ、来年は例のヤツね!ママもお兄ちゃんもユズクンも聞いてましたからね!ウフ
.
赤毛のアンが大好きな恵美子さんが、娘さん夫婦とお孫さん達を連れてまたまた遊びにきてくださいました。
 トールペイントはみつあみクラブ会員ゆずちゃんとの毎回のお約束です。
 今回はちょっと大掛かりな作品に挑戦しました。ところが見てください!
 余裕の出来上がりです。
素敵素敵〜。
完成した作品を前に「また今度もトールペイントやりたい!」そう言っていただけるのが私もとても嬉しいのです。
.
えびちゃんが、久々に家族揃って遊びに来て下さいました。「トールペイントまた出来ますか?」モチロン!喜んでよ。
 今日は、パパもふうちゃんも一緒に作品を作ります。
カメラが得意のパパはアルバム、ふうちゃんはお部屋のネームプレート、えびちゃんはハートの表札です。
ふうちゃんは2泊目も「トールペイントやりたい、トールペイントやりたい、ねえマダ?今日もやる」と、とてもお気に入りの様子。 二日目の作品が出来上がった途端に「明日もやる!!!」そんなに気に入って貰えて嬉しいわ!
えびちゃんが、10年以上前の独身だった頃に友達と来た時に作ってkeepしてあるトールペイントのマイコップを見て「ねえ、どうして私のとパパのは無いの?」の質問に、えびちゃんとも、本当に長いお付き合いになっていた事に、またまた嬉しくなりました。
有り難うございます。
.
元気で若い紳士達の芝川中学校の男子の皆さんと、トールペイント教室です。
 ファーストトレインの館内を、どの生徒さんも、それはそれは、常連の大御所陣レベルで大事に扱ってくださって、小さな事にも気づいて率先して手伝ってくれる皆さんでした。
皆さんとは、ネームタグを作りました。
真剣に集中してレクチャーを聞いてくださって皆さんとの教室も二時間があっと言う間に過ぎてしまいます。
名残惜しい最後の最後はオタ芸を披露して下さってのお別れに、また是非会いたい!と心から思いました。本当に有り難う、有り難う!
.
何度も遊びに来て下さって、今日はFTでウエディングパーティをする元吉さんです。
この作品はトールペイント教室に参加して下さって元吉さんが自作された作品です。
 素敵でしょ!回りにはリースをセットアップしちゃいます!
豪華な豪華なウエディングボード、さあこれから披露パーティの始まり始まりー。
.
何度も遊びに来て下さっているルミさんが、今回は3泊で三夜共、またまたトールペイント教室に参加してくださっていました。
1日目は幼稚園に入園したけいちゃんと、お友達二人にキーホルダーを、二日目、三日目は新居に引っ越したばかりのお庭にバラを植えるそうでガーデンプレートを作りました。
器用なルミさんは、ストロークのバラも見てください!文字も素晴らしい出来映えです。これからバラ作り庭作りの話も益々もりあがりそうです。エエ、ぜひブルーバユーとパパの1日3回水やりの盆栽のその後の様子も聞かせて下さいね。
.
開業間もなく遊びに来てくださったミキコさんが、「チヅルさんに会いたくなった!」と、言ってくださって、久々にまた遊びに来てくださいました。
ミキコさんが背中におんぶしていたボクは、すっかり優しい高校生のお兄さんになって、ツワリが辛くて…と、悩んでいたお腹の中に居たボクは、よく気が付く頼もしい弟クンになっていました。
大変な苦労を乗り越えて、そして全てを理解して受け入れて下さる、素敵なパートナーにも巡りあって幸せな家族となって一緒に来てくださいました!
私も、15年振りにこんな様子を拝見出来るのも、このファーストトレインを続けて来させていただけた皆様のお陰です。
かつては、ダイニングで夕食後に開催していたトールペイント教室は、今は小さなアトリエでやっているのよ。エエ、勿論ご一緒しましょう!
筆を滑らせながら懐かしい話に花開いた楽しい時間になりました。
.
工藤ちゃんファミリーがまたまた遊びに来てくださいました。
 昼間のスキーで疲れてない?眠くない?
イヤイヤ何のその、そんな心配も要らないって?
トールペイントまだかな?まだかなー?
私の姿をみつけては「あのね、トールペイントはご飯食べてからだよね?」と、知っているけど聞いてみたくなる大ちゃんが本当に可愛くて、可愛くて。
見てください、お手伝い無しで完成しちゃうんですから!
ママも安心して自分の作品に集中できます。
.
5月にファーストトレインでウエディングパーティのご予約をいただいている、かつやさんとエリカさんカップルです。
昨年10月のご宿泊に、その話をいただいてから、挙式まであともう少しになりました。当日の打ち合わせをしながら、パーティの演出用に、ウエディングボードを作成中です。
その横でエリカさんは植え木鉢とトレイに可愛い絵柄で描きあげました。
楽しみ楽しみ…、つい先日の大夢の挙式の様子が甦ってきます。
幸せになって下さいね!
完成したウエディングボードは当日のお楽しみに。ウフ
.
開業間も無くから長いお付きあいの長きに渡る常連の工藤ちゃん、当時学生だった工藤ちゃんもすっかり今や一家の大黒柱になって素敵なパパです。
そんな様子をずっと拝見させていただけるのは、本当に幸せです。
僕たちも赤ちゃんの時からずっと来てくださっているのでFTは勝手知ったる我が家です。絵をかくのが大好きで到着の途端、トールペイントのアトリエに駆け込んで夜の教室まで待ちわびる時間を持参のお絵描き帳で紛らわしています。
私の姿を見つける度に、「この絵は○○、トールペイントまだ?」、「あー、トールペイントはまだかー」と、それはそれは楽しみにしてくれます。
始まった途端、迷いが無い色選びや、伸びやかな筆つかいに嬉しくなります。
ネエサンママも安心して自分の作品に没頭できます。
完成した作品はバラの図鑑の横に自らならべ、演出して飾ってくれているのですから。 そんな僕たちが可愛くて仕方ありません。
また一緒に描こうね!
.
新年明けて会社も初出勤…、皆さんまた各々の生活に戻っていらっしゃるでしょう。
そんな事を思いながら静かにトールペイント教室であっというまの冬休みを回想していました。
夢2も各々のパートナーとトールペイント教室に初めて参加してくれた嬉しい様子です。巣立って行く前は「ママが描いて!」でしたが夢実のお婿さんの提案で実現しました。
(ん?ナゼか夢2共に筆はお互いにお婿さんとお嫁さんの手にあるのは気のせい?)
夢実組はアルバム帳を、大夢組は新居の表札に描きました。
いつもお客様とご一緒している教室のように、私も母、姑ではなく大真面目にレクチャーしました。
とても幸せな時間でした。
有り難う、ありがとう。またこんな日が過ごせますように…休暇になったら帰っておいで。
.
懐かしい!開業して間もなく、お兄ちゃんが小さい頃に何度も遊びに来てくださっていた堤ファミリーが、元日に遊びに来てくださいました。
エーッ、お兄ちゃんこんなに大きくなって!2才だった萌ちゃんが「今日トールペイントしたい」ですって?!
モチロン喜んで♪筆を握る萌ちゃんを囲んで話が尽きません。萌ちゃんに手順を説明しながらパパ、ママ、お兄ちゃんの近況を伺い、ママが作ったトールペイント作品をかざっている様子も見せていただきました。
楽しい時間はあっという間にすぎていきます。東京のお土産、繭最中ごちそうさま。
また是非とも遊びに来てくださいね。
2013年版
.
毎年必ず年の瀬にお会いしている、一段と綺麗になった高橋ファミリーの姉妹です。
トールペイントは必ずの必ずで、筆を滑らせながら近況を伺うのを、たのしみにしでいます。
「前回の作品はどうしてる?」と、作品の飾りかたなどの様子も聞かせてくださいます。
今回の作品もステキ、ステキ。見てください!また腕をあげましたよ。
.
台湾からご主人がイギリス人の陳さんが遊びに来てくださいました。「私達はこんなに素敵な所に来てとてもラッキー」と何度も言って下さいます。「トールペイントをやってみる!」是非ともご一緒しましょう。
陳さんのミドルネームはフローレン、「花を描いてみたい!この壁と同じ柄が良いわ!」
と言ってステンシルすることになりました。
筆を滑らせながら楽しく怪しい英日中会話が弾みます。ご主人の実家もバラが沢山咲くそうで、その季節になると、朝起きたら知らない人がいっぱい自分の家に向かってカメラを構えてるのだそうです。何とも我が家の7月の光景のようで心の中の言葉にならない共通点にお互い頷いて思わず笑えてしまいます。
そんな会話をしながらあっという間に完成!有り難うございます。
.
夏のフィールドバレエにいらっしゃってくださった矢部さん姉妹と、滋賀の原さん昭和40年生まれのグループとのトールペイント教室です。
皆さん、各々描きたい図柄に熱心に取り組まれ一生懸命です。自分の好きな白木をえらんで好きな絵を描けるのが、トールペイントの楽しいところ。○や×やこうでなければ間違い、なんて云うことはありません。
自分がオッケーなら、それがベストです。
見てください、皆とても素敵です。
.
13年続いた私のカントリーのイベントが開催まで秒読みになって「中止」、というお知らせにも「雨が降っても、台風でも、イベントが中止になっても私達はファーストトレインに行きますから」、と、遙々遊びに来てくださる皆さまに本当に本当に励まされ、胸が一杯です。本当に本当に、皆様がいつものお元気なお顔を見せて下さってどれほど心強く思えた事でしょうか。筆を握りながら、いつものトールペイント教室も感謝です。
毎年必ずの森本ファミリーのお姉ちゃん、典子さん、チイチャン、ユキエサン、ひとみさん、ふうちゃん、秋田県から安藤さん、秀ちゃんの奥さんのけいちゃん、ご一緒にトールペイントが出来て嬉しかったです。
有り難う、本当に有り難うございます。
 
.
昭和40年会会員の辻サンパパとかぞくの皆さんがまたまた遊びに来て下さいました。
カナちゃんは4月から社会人デビュー、そのちゃんは高校3年生、トウクンは中学2年生。本当に皆、大きくなりました。
今日は社会人になったカナちゃんが一生懸命に働いたお給料で初めて家族の皆さんを家族の思い出のファーストトレインへ御招待なんだそうです。そんな話を伺って胸がいっぱいになりました。本当に有り難うございます。
トールペイント教室も恒例の全員参加でした。見てください。素敵な作品に素敵な辻サンファミリーの笑顔を。
.
千葉から遊びに来て下さった斎藤さんファミリーとママの姉妹とミヤネちゃんです。
夕食後、パパが「女連中はトールペイントやるそうですから」と、言いながら階段を上がっていきました。
さてさてはじめましょうね。材料の白木を選びながらママの三姉妹は何と皆同じバラのタオルホルダー、ミヤネちゃんはネームタグです。選んだバラの色は各々、個性に溢れて皆さん一生懸命です。あっと、いうまに出来上がったミヤネちゃんの「ねえ、ねえ、」にも筆が止まらないくらい皆さん集中しています。ママの「もう、パパの所へ行っておいでよ。」にも首を横に振ります。退屈してきたミヤネちゃんが、レクチャーする私に、「ねえ、ねえ、センセイ。ねえ、ねえ、センセイ」です。
そんな賑やかで楽しい時間もあっという間ら完成です。見てください、素敵な仲良し三姉妹のバラのタオルホルダーを!最後まで皆さんを待ち続けたミヤネちゃんもホルダーの穴から顔を出しています。ウフ。
.
昨年もこの時期にお会いした、西宮の竹田さんファミリーです。台風接近の雨風も何のその、嬉しい再会に、また筆を滑らせながら話に花咲きます。今日お出しした紅茶や私の前職の幼稚園の話、殊更、大学時代を過ごした奈良は、竹田さんご夫妻も奈良出身で、ローカルなかき氷屋さんの話も尽きません。あっと言う間に作品が仕上がりましたとも。小学生のワタシも、眠い目を擦りながら完成しました。また是非是非お会いしたいです。お話の続きも楽しみにしていますよ。
.
広島から毎年遊びに来て下さっている丸谷さんです。初めてお会いした時から、館内に飾っているアウディ ハンセンのお茶目な絵を気に入って下さっています。私も大好きな絵でアトリエには勿論、トイレの表示、小さな図書コーナー、こんな可愛いグランマになりたい!と、いくつ描いたでしょうか。
丸谷さんもまた、その中からウエイトオーバーして体重計に起こっている表情をトレイに描きました。ええ、これからもシリーズでまだまだ沢山描いて集めてくだいね。ウフ。
.
ミイチャンが幼稚園の頃から毎年遊びに来て下さっている小川ファミリーです。
ミイチャンは今年身長もぐんと伸びて4年生になりました。昨年まではママがサポートして一緒に作品を作っていましたが、今年はミイチャンひとりで一作品描きあげることにして、これまでミイチャンのサポート役だったママも自分の作品を初めて描いてみることになりました。「いま、カギに何も付けてなくて、キーホルダー作りたいな」 、と。
5年もお手伝いしてきたママですから、見てください!ストロークも素晴らしく、「わあ、これはハマる」と、それはそれは素敵なキーホルダーができました。ミイチャンも、ママのお手伝い無く完成しましたとも。スゴいスゴい!パパ、誉めてあげてくださいね。
.
毎年お会いしている門脇さん夫妻です。
今年は夫婦水入らずで遊びに来てくださいました。
トールペイントは欠かせません。
見覚えのある方も多いのではないかしら。
あのイタリアンカラーのイケメンパパの作品を。今回も勿論イタリアンカラーです。
そこへ「表札の字は失敗できひんし、先生書いて!」に、ヤラレター。
パパのあの笑顔で言われちゃうと弱いんだなあ。私も門脇夫妻の表札と言うことで頑張って仕上げました!
奥さんのみのりさんの作品とハイ、ポーズ。
.
ユカちゃんが赤ちゃんの時からずっと遊びに来てくださっている、大矢さんファミリーです。今回はパパが「見学します」って言ってましたが、ユカちゃんが選んだ図柄に、お揃いで描いてみませんか?に、「これなら!」
と、今年も一緒に描くことになりました。
描きながら、「実は、だんだん目が見えなくなってきて…」の話になりました。
そうです同じよ、私もいよいよで、近視をメガネやコンタクトで矯正したら、手元が見えないの…23歳の筈なのに…。笑
孫が居るんですもの、ちょっとずつ現実にも目を向けなきゃですね。ウフ
.
ァーストトレインでお兄ちゃんの結婚式を挙げて下さった竹綱さん夫妻が妹さんのノリさん、当時赤ちゃんだったアンナちゃんを連れて遊びに来て下さいました。
竹綱さん夫妻は、もう何度もあそびにきてくださっているのですが、アンナちゃん自身は結婚式当時のことを覚えていなくて写真を見るたび、「ココはどこ?」に、1からの説明が始まるそうです。
今夜は竹綱家女性チームでアンナちゃんも一緒にトールペイントをしましょうね。
それはそれはアンナちゃんも大人に負けずに大作のトレイを描きます。お家でお手伝いをする時用だそうです。
見て下さい。素敵ですね!是非ともお家で活用して下さいね。ウフ
.
星野さんファミリーが今年も来て下さいましたとも!
昨年ママのお腹に居た、生後7カ月のボクも一緒に皆で5人家族になられました。
パパとのトールペイント教室は恒例、必須です。
ひまわりの絵には、お兄ちゃん2人と生まれたボクの名前を入れます。嬉しい、嬉しい。
「お孫さんが生まれたんですよね、おめでとうございます」に、「星野さんが以前奥さまの出産に立ち合われて感動された事を娘とお婿さんに話ししたんですよ、それでお婿さんも立ち会い出産をして本当に感動してくれてね。」分娩室から赤ちゃんを連れて私達の前に、夢実の握りしめた痕で両腕を真っ赤にしたまま、喜んでずっと泣いていたことを話しました。
すると、星野さんも3人目の今回は、一番上のお兄ちゃんの誕生日と出産が重なって、一緒に立ち合われたと、話して下さいました。
本当にステキ!!またこの話もしなくちゃ!また色々教えてね。私が夢2を産んだ時とは、色んな事が新しく変わっているので・・。
筆を滑らせながら、こんな会話が出来るのもとてもとても楽しみなのです。
来年は、一緒にお兄ちゃんになった2人のボク達も、大きくなってご一緒にトールペイントに参加してもらえそうよね、星野さん!
.
13年越しで毎年必ず遊びに来てくださっている、松永ファミリーのゆいちゃんとママです。トールペイント教室は必ずです。昨日は、三沢サンファミリーに「あれ、この作品、記憶にあるかも…、去年ももしかして一緒の日になりませんでした?」と、言われお互いに「ヤッパリ?」と顔を見合せていました。
ファーストトレインの常連さん同士の間でも夏の偶然の再会にこんな風に声を掛け合われる様子には、本当に嬉しくなります。
いつも有り難うございます。
ところで、ゆいちゃんは2泊の間に三沢サンファミリーの記憶にあった作品を、仕上げましたよ。三沢さん、見てください!
そしてまたもや、来年に敢えて持ち越しの作品として砂時計にベース塗りだけしておかれましたよ。是非ともまた嬉しい偶然の再会がありますように。
.
毎年夏にお会いしている三沢さんファミリーです。今年はお兄ちゃんが就職して、今回は日程が合わず、パパさんママさんユズクンと3人で遊びに来てくださいました。
皆、本当に年々大きくなりトールペイントしながらその成長の様子を直接聞いたり、再会できるのを、それはそれは心待ちにしています。
ユズクンもスゴく身長が伸びて167センチの私を今年は追い越していてビックリ。
デザインもお兄さんになっていて素敵!
また御一緒しましょうね。お兄ちゃんにも宜しく伝えてね。
.
毎年必ずフィールドバレエの時期にお会いしている福田さんファミリーです。
フィールドバレエには大きいママとママが出掛けて、大きいパパとワタシがトールペイントがお決まりです。
今回は大きいパパと大きいママの35回目の結婚記念日でケーキでお祝いをしました。
今回のトールペイント教室での作品は大きいパパが大きいママへプレゼントとして、エコバッグにウサギの絵の下にママの名前とケーキに書いたメッセージ、「 35th for ever love 」に私が大感激してしまいました。
フィールドバレエから帰ってきて渡したらきっと喜ばれて泣いちゃうよね、と噂しながらウフ。ワタシも優しい大きいパパの作品の横で素敵な作品が完成しました。見てください!帰ってきたママへ渡す瞬間です。35年たった今もこんなに素敵な夫婦で居たいですね。
.
ルミさんがまた遊びにきてくださいました。今回は、妹さんが10月に御結婚されるということでウエルカムボードを作ってさしあげたいと、二日がかりで頑張って仕上げられました。配色や文字のバランスも素晴らしい!
いつも謙遜されるのですが、とても筆遣いが上手で丁寧です。
ルミさんのお人柄がうかがえるウエルカムボードのプレゼントに、妹さんも、とても喜ばれる事でしょうね。是非ともまたその時の様子も聞かせてくださいね。
.
今日は男子16人、中学校の皆さんとトールペイントです。
嬉しい事にトールペイントがやりたくてファーストトレインを選らんでくださったなんて!張りきってレクチャーしなくちゃね。
そうです。ファーストトレインのお客様はトールペイントを男性の方も大勢楽しんでくださっています。題材はキャンディBOX。ILOVEお菓子!テスト勉強するときの夜食のおやつを入れて頑張って下さいね。
誰一人としてフザケる生徒はいません。
皆、真剣な取り組みと表情に嬉しくなります。完成した作品と共に写真をとりました。
.
今回は大所帯総勢20名のトールペイント教室です。
場所をダイニングに移して山武中学校2年B組の女子の皆さんと一緒に作品を描きます。
体験教室と云う事で、私も20数年ぶりに授業を受け持つ気分です。
トールペイントの歴史の背景からお話をして、皆さんが昨夜「可愛い!!」を連発して沢山お土産に買って下さった作品達も全部トールペイントで私の作品です。
今日は皆さんにもそれぞれ描いて持って帰ってもらいますからね。
さっきまで賑やかだったのに、水を打ったように静まり返って集中する視線に私も思わず熱が入ります。
テーブルごとへ手元のレクチャーにもみんな真剣です。「皆、現役だもんね〜。さすが!!」
テーマ作品はコットンのミニバッグ。クラス全員お揃いです。上手に出来上がって皆が満足そうな表情に嬉しくなりました。
完成した作品を持って玄関でハイ、ポーズ!
.
ハネムーンで遊びに来て下さった伊藤さん夫妻です。
「新婚旅行の記念にトールペイントやりますから!」と、ご予約の時から楽しみにして下さっていました。
画像を見せて下さる新居にはカントリー家具が揃えてあり、その中に溶け込むように・・・、と、材料選びも慎重でした。みゆきサンがサクサクと描き進む横で、シンヤさんは何やらひと筆動かすごとに首を何度もひねりながら「コレは難しいわ。」「何かが違う・・」と。いいえ、そんなことありませんよ。これはシンヤさんにしか描けない貴重な筆使いの作品です。
見て下さい。イイでしょ!ウフ。
.
元、同じ職場の仲良しグループで今もお付き合いが続いているという、望月サングループです。
一歩足を踏み入れて途端、「ワあ、可愛い!」を連発して下さっていました。バラも大好きでビルの屋上で30株も育てていらっしゃる等など。トールぺイントのアトリエを覗いては「私、ずっと前からトールペイントやってみたいと思ってたのよ・・」と、言う事で食事後は休憩10分でいつもより早いトールペイント教室の開始でした。
皆さん「可愛い」が大好きということで、嬉しくなります。「うわ〜コレはハマりそう。」
ええ、女性はいつまでも「可愛い」には目がありませんよね。うふ
 其々、素晴らし作品が出来上がりました。
.
いつも仲の良いご家族で遊びに来て下さる大塚ファミリーが、またまた遊びにきてくださいました。
 妹のアサミさんが7月に結婚することになって、「ウエディングボードを作りたいんですけど・・・。」
 まあ、ステキ。嬉しいお話じゃないですか!是非やりましょうとも。
 我が家も先月、夢実が結婚したばかり・・。その時の情景が浮かんできます。
 始めはご本人が作成する予定でしたが、「少しづつ皆で下地を塗ったり描いて、皆さんで完成させてみてはいかがでしょう」と、提案してみました。
 何てったって、ウエディングボードを作ったら?って思いつかれたのが、姉のミキさんですもの。参加していただかなくっちゃ!うふ。
 きっとこんな時間も、嫁ぐアサミさんにとっても実家の家族と過ごした思い出となって下さることでしょう。
 見て下さい!素晴らしい!!
 ええ、挙式の当日はこのボードを飾って皆さんをお迎えしてこのボードを家族で作った事も、話してみてくださいね。
 幸せになってね。今度は彼も一緒に遊びに来て下さい、って伝えてね。
.
独身の頃から何度も何度も遊びに来て下さっているマリちゃんが、またまた子供達を連れて遊びに来てくれました。
 春休みの特別な思い出の作品を描きたくて大きなフレーム付きのプレートにタックンもアヤチャンもワクワク。
ママが食事が終わるのもワクワクして待ち切れずトールペイント教室の中を行ったり来たり。
「わあ〜大丈夫??、ホントに描き上げられるの??」に二人揃って大きき頷いて「ウン!!!」
 マリちゃんも「それならワタシも!子供達に負けずに!」と蓋つきボックスを選びました。
 描きながらマリちゃんが独身時代に度々来て下さっていた時の話に花咲かせ「ねえねえ、マリちゃん・・」と私が話し始めると、タックンもアヤチャンも「ま・り・ちゃん〜??」と顔を見合せます。
 そうね、ボク達にとっては「ママ」か近所では名字だから「マリちゃん」は可笑しいのね。うふふ。
 ウチも、昔、同じような場面があってネ。その時から我が家では「ママ」から「チ―ルちゃん」「ちーさん」なのよ。
 こんな会話をしながら終に3人とも素晴らしい思い思いの大きな作品が完成しました。
 すごいすごい!!
.
ミナコサンがまたまた遊びに来て下さいました。
「今夜は久しぶりにトールペイントしようかなあ!」っと。
材料はコレにしよう、自分の食事と大好きなビールも乗せてウフフ、サイズも良いし・・・。
と、選んだのはトレイです。
今回はクマ柄ではなくナチュラルブーケの図柄に挑戦です。
現役、保育士のミナコサンはべ二シアさんの素朴なカントリースタイルも大好きでその本の中のイメージでサラサラっとデッサンして今回の作品に仕上げました。
素敵ステキ!!!私が好きなのはコレなのよね。
そうそう、このところのトールペイント界の主流が、何となくガラスケースに入ったの展示室レベルの「飾っておく絵」傾向になってしまった気がしていて・・自分で描いて使えて。それでこそ楽しめる、こうでなくっちゃ。私は今もコチラ派です。
2012年版
.
毎月必ず遊びに来て下さっている斎藤姉妹です。
FTのイベントを全制覇して下さっているので、もちろんトールペイントも欠かせません。
 今回の課題は「サイドローデイング」。1作品を3度に渡ってじっくりと筆さばきの奥深さを追求していきました。
寿美さんは繊細なバラ、千春さんはデイジーの花びらを、1枚ずつより細かく、更にリボンの光沢の表現を頑張りました。
ウフ、素敵ですね。
.
日本に移住して10年のキンさんとリョウさん夫妻が奥さんのリョウさんの誕生日に遊びに来て下さいました。
トールペイント教室にも参加です。リョウさんは「絵が得意!」との事ですがキンさんは「苦手・・・」と、言うのです。
まあ、そう言わずにやってみませんか??と、誘ってみました。
リョウさんはさすが「得意」と言うだけあってデザインのアイデアもアレンジも沢山出てきます。
キンさんは色から悩みます。ところが筆を滑らせ始めるととても楽しそう。
スティップルブラシの背景が出来た途端、ゲームに出てくる「パンプキン」だ!!と大喜び。
空の雲が羊に見えたりするあの感性です。そうです、これが自分で描くことの面白さなのよ!!
「こうでなくっちゃイケナイ」、から解き放たれて自分が楽しいと想像を膨らませられる事が何よりなのです。
嬉しい嬉しい!だって私も皆さんとご一緒した数だけ巡り合わせてもらえるそれぞれの感性にいつも発見させられるのですもの。
.
初めて遊びに来て下さった吉川様親子です。
何と、お母様は90歳になるそうです。お食事もしっかりデザート付で完食されて、朝食はスペシャルモーニングでお召し上がりです。今夜はトールペイントにもお付き合い下さいました。
 お姉さまはカフェのオーナーさんでお店で使えるようにナプキンケースを、妹さまはビーズ作家で先生もなさっているとの事でお教室で道具を入れる手提げボックスをそれぞれ材料に選んでお好きな色をベースにデザインをしました。
 素敵な仕上がりに「泊まってこんなことが出来るなんて!」と、とても喜んで下さいました。
有難うございます。私もご一緒出来て嬉しかったです。今度は、カフェとビーズのお写真も見せて下さいね。
.
京都の荒木ファミリーがまたまた遊びに来て下さいました。
双子のユウちゃん、ヨリチャンも大学3回生。FTの開業間もなくから遊びに来て下さっている常連のお客様です。
お会いするとトールペイントは外せない恒例の行事となっています。
今回も見て下さい素敵な作品が出来上がりましたとも。
また是非とも遊びに来て下さいね。諭吉っちゃんの「その後」の話もしましょう。
.
サトちゃんとエミちゃんが、生まれた子供のサエチャンを連れてまた遊びに来て下さいました。
あの新婚さんのようなホットさは今もお変わりありません。
夜は恒例のトールペイント教室です。
サエチャンを寝かしつけた後、夫婦2人で参加して下さっています。
「来春完成で、新しい家を買ったのでその家の鍵を付けます。」と、お揃いのネームタグを作ります。サトちゃんと言えば絵がとっても上手いあのサトちゃん、そして器用なエミちゃんですから。見て下さい、素敵な作品が今回も出来ましたとも!!
.
今年の冬にもお会いした小川さんファミリーとトールペイントです。
前回も素敵な作品が出来上がりましたが、今回も見て下さい。
「可愛い!」がいっぱい詰まったママ、お姉ちゃん、ワタシの作品を。
さすが雑貨好き!選ぶ色のセンスがとてもイイでしょ。筆さばきも、慣れて来てとても上手です。
「また冬に来たい・・」、ええ、私も是非お会いしたいわ。
その時にも、またトールペイントご一緒しましょうね。
.
毎年夏にお会いしている方々とのトールペイント教室は心待ちにした再会の時間でもあります。
「作品もいくつになったかなあ」そんな話も出来るのが、嬉しい限り。
初めてお会いしたころは、パパやママのお手伝い付きで仕上げていたのも、すっかり大学生、高校生、中学生になって皆一人前です。描く絵もどんどん上手くなって緻密です。
こんな常連さんのそれぞれの成長も拝見出来る事が、本当に嬉しいのです。
いつも本当に有難うございます。
.
毎年お会いしている、門脇夫妻、平ファミリー、児玉ママと今夜はご一緒しました。
小さなアトリエは、何かしら誰かの一声に笑いが出ます。
知らない同士のお客様であっても一緒に、小さなアトリエのトールペイントの机を囲んで筆をすべらせていると、1つの話題にも皆が共有出来るからなのでしょうね。
この時間が、とても好きです。描き上がった作品には、このレクチャーの時間が織り込まれて、きっとそれぞれのご自宅に持ち帰っていただいた後、今回の旅の時間として思い出していただけることでしょう。
有難う、ありがとう。私も幾つの時間をみなさんと共有出来たかと思うと本当に幸せに思います。

 やっぱり男性が「ハマる!」門脇パパは今回も2夜連続で恒例のイタリア柄。筆を握ると、いつも真剣になって汗が滴ります。
.
開業当時からずっと、毎年夏にお出かけ下さっているユカチャンとパパです。
初めてお会いした頃赤ちゃんだったユカチャンが今やこんなに大きくなって高校生です。FTの毎年の変化したところの様子、諭吉っちゃんの事、近場の観光スポットの様子をずっと見て下さっています。
毎回、欠かさずトールペイントにもご参加下さって本当に嬉しい限りです。
「原点に戻って一番始めに教えていただいた、このデザインを描いてみます。」と、パパが手に取った図柄はまさにパパが発したあの「リーフストローク」は平行四辺形を描くように・・という語り継がれる名言のデザインです。
平行四辺形を描くように・・、バッチリ描けましたとも!!
素敵ステキ!! ユカチャンも考えて来たデザインでフックを作りました。 いつも本当に有難うございます。
.
毎年夏に必ずお会いしている星野さんファミリーです。新婚さんでご夫婦2人の頃から遊びに来て下さっていて毎回トールペイント教室に参加して下さっています。
ボク達が生まれてからは、トールペイント教室で筆を走らせるのは、「パパ」と、決まっています。
ママはボク達を寝かせつけ、パパは「トイレに行ってくるから・・」と、言ってそっと階段を降りてアトリエにいらっしゃって下さいます。
しかし、朝ボク達が目覚めると何故かパパは新しい作品を持っている・・・不思議だなあ、って気づくのはきっと時間の問題かしら。新たにママのお腹に3人目のBABYが入っていて、ボク達はお兄ちゃんになります。
ええ、パパがトールペイントをしていることがボク達にわかってしまう頃には、ご一緒に作品を作成しましょうね。
いつも本当に有難うございます。
.
毎年必ずフィールドバレエの時期にお会いしている福田さんファミリーです。
大きいママとママはバレエを観に行っている間に、大きいパパとワタシがト―ルペイント教室に参加、今や必ず毎年の恒例パターンです。元気なお顔を今年も拝見出来てとても嬉しいです。
教室が始まる前にはちゃんとワタシも大きいパパも描きたい図柄を考えていらっしゃって下さっています。
 今回の作品は、大きいパパはご結婚される息子さんの新居へプレゼントのウエルカムドールとお揃いにした表札、ワタシはボックスに4面塗り分けて、いつも清里にもお供するヌイグルミのオカピちゃんと動物がが四季を楽しむ様子を描きました。
ご一緒した数だけ作品が増えるとともに、思い出も増えて嬉しくなります。いつも本当に有難うございます。
.
今日は全員がリピーターのお客様です。
恒例のトールペイント教室にもご参加下さっています。
ここ最近、何故だか常連さんであればある程、作品が仕上がらず「次回」に持ち越しになって作品棚にお預かりするケースが増えています。
再会の嬉しさに、お話に花が咲いて・・、というパターンが多いのかもしれません。
テーブルを挟んで「あのね・・、それでさあ・・・」話題が尽きません。
是非、また続きを描くのを理由に遊びに来て下さいね!
幼稚園生の頃からずっと遊びに来て下さっている松永ファミリーのユイちゃんは今は高校2年生です。

 三沢さんのママは大学生のお兄ちゃんと中学3年生の弟クンと必ず一緒に参加して下さいます。
3年前に私の作ったトールペイントのキーホルダーをお土産に買って下さったのを今も使って下さっているのを見せてくださいました。
.
今日で、3回目の再会の京都の松田さんです。
 お姉ちゃんは毎回トールペイントに参加して下さって、前回より弟クンも一緒です。
 今回は大きいパパも大きいママも教室を覗いて下さって、次にはパパも弟クンの頭に浮かんだデザインの下書きに手を貸して下さっています。
下書きの紙に、3世代で額を集めている様子が何とも素敵です。
その横では、家族で一番「ベテラン」になったお姉ちゃんは、あっという間に今回の旅で買ったネックレスを入れる為のトレイを描き上げました。
 また来年も是非ご一緒出来ると嬉しいです。

.
工藤チャンファミリーと、トールペイントです。
「ねえ、やってみる?」がきっかけになりました。
大きくなった僕たちは、実はお絵かきが大好き!!
夕食が終わった途端、待ちきれない程楽しみにしてくれていました。
溢れ出るアイデアに、教室の白木の数が追い付かない位です。
テーブルいっぱいに白木を並べていました。
「こんなに好きなんだったらもっと早く誘えばヨカッタワネ。」と、言うと、「家でも、お絵かき帳が3日で無くなるんですよ。もう何冊も・・」
ホント描いているときの集中力は、スゴイです。好きなことは、いつしか「技」になる!!
これが芽!!今や、社会人になった大夢の子供の頃を思い出します。
.
夏休みに遊びに来て下さった小川さんファミリーです。
新年にトールペイントを楽しみに、また遊びに来て下さいました。
一家揃って工作が大好きで、今回はママも作品を仕上げました。
パパは総監督で、お嬢さんのお手伝いをしてくださいました。
スゴイスゴイ!!とっても素敵ですね。さすが工作好きです。
仕上がった途端にもう「次に来た時に作るのを・・」と、またまた白木のリサーチをしていました。
ええ!是非またご一緒にトールペイントをしましょうね。
.
毎年この時期には必ずお会いしている高橋さんファミリーです。
今回の材料は、ミニテーブルにもなる台です。
ウム?う〜む。今日1日で完成するかちょっぴり心配でしたが、ベース塗りを始めたら早い早い。
さすが回を重ねただけあります。見て下さい。
出来ましたとも!スゴイでしょ。
2011年版
.
クリスマス前日のトールペイント教室・・・。
外はクリスマス寒波が訪れる、気温マイナス7度を更に塗りかえる夜です。
温かな小さなアトリエで、毎回参加下さっている大谷夫妻と浜野先生とトールペイントでご一緒しました。
筆を滑らせながら作品の様子にワクワクし、完成間近にはすっかり打ち解けて、それぞれの作品を褒める場面は、何度ご一緒しても嬉しくなってしまいます。
 ファーストトレインで同じ時間を過ごして完成した作品たちは、それぞれのお家に連れて帰ってもらうのですが、皆さんのお家で飾ったり使っていただいてその時の様子を、また思い出していただけたなら私としても本望です。
.
京都の松田さんファミリーとの再会です。「あのお、トールペイント今日もできますか??」と、お姉ちゃんからの質問でした。
モチロン、出来ますとも!!夕食後またご一緒しましょうね。
 今夜は弟クンも一緒です。「これをやるために来た!描く絵も決めて来てる!八ヶ岳の絵!」とは、嬉しい限りです。
そして大きいママからは、「あのお、相談があるんですけど・・・、」に、「私で出来ることならお伺いいたしますよ」と、答えると「先の来年の5月の予約は、もうできますか??出来たら予約して帰りたいんです」
まあ、またお会いできるのですね!!何て嬉しいことでしょうか。「お日にちが決まっていらっしゃるなら、モチロン喜んで!!」
 絵を描きながらも、もう次に来た日に描く絵を考えて下さっているのですもの。本当に有難うございます。私も、今からまたお会いする日を楽しみにしていますからね。
 今度の図柄は、どんな絵かしら・・・。
.
毎年、夏に家族4人で遊びに来て下さっている古関ファミリーが、パパが出張中で今回は何とママがチエチャンとリックンを連れて、3人で運動会の振り替え休日に遊びに来てくれました。毎回、必ずトールペイントは、はずせません。
 実はこの夏、初めてリックンの作品が未完成になって、その続きを描きにきてくださいました。
夕食が始まる前もカサカサ小さな音がするかと思えば、トールペイント教室にはリックンの姿が。
今や勝手知ったる我が家で、教室の始まる前には、チエチャンがペーパーパレットの在り処も分かっていて、私が教室に入るころにはすっかり準備が整えていてくれて、いつもの私が座る所定の席にニマニマして座っていました。
「まあ!ホントにお待たせしました!!」リックンも続きを仕上げて、もう一つ新しくネームタグに取りかかりました。
ママは新しいテクニックを覚えようと、そしてチエチャンも目を見張る程、集中時間が長くなりました。
チエチャンは完成した後、今度は絵具を番号順にラベルも全部揃えて並べて片づけてくれました。
「アリガトウ!!次のお教室のとき、とっても助かるわ!」と、言うと、いっぱい絵具が付いた年季の入ったクロスまで拭いてくれているのには参りました。
改めて、初めてお会いした頃からの、それぞれの成長に感激しました。そして何よりママが一人で子供達2人を連れてファーストトレインに来て下さったこと!!
 チエチャンとリックンがそれだけ大きくなったってことだよね。いつも本当に有難うございます。

.
大塚ファミリーが遊びに来て下さいました。
今回は、大きいママが居なくて残念ですが、トールペイントは何と言っても恒例です。
ゆっくりと母娘でご参加下さっています。
ママはセブンハートにお気に入りの色を7色それぞれに塗ってウエルカムオーナメント。
お嬢さんは、ハンガーに沢山のバラを描いてとっておきの作品に仕上がりました。
 お会いした回数分トールペイント教室に参加して下さっているのですから、もう随分作品が増えたことでしょうね。
腕が上がり、バージョンアップしていく作品に嬉しくなります。
 大きいママにもヨロシクね。
.
今年も平ファミリーが遊びに来て下さいました。
ショウ君が「あの〜、今日って誕生日でしたよねえ〜」、あら!知って下さっていたのね!!
昨年もこの時期に遊びに来て下さっていてちょうど一年後、覚えて居て下さったのには驚きました。
 食事が終わったあと、カードをプレゼントしてくださいました。
封筒の表には私の似顔絵がありました。
何と嬉しいことでしょう。そして、モチロントールペイントは、恒例になっています。
赤ちゃんをお連れになった阿知波サンも「子供が寝てくれたからトールペイントやりたいんですけど。」と、ご一緒することになりました。
 筆を進めながら、完成が近付く頃「なあ、何で明日もう帰るん、明日も泊まりたいわ。」に、リーピートのお客様との再会の時間は、本当にあっという間に過ぎていくのを、私も淋しく思います。
「また、きっと遊びに来て下さいね。またお会いできるその日まで、次の再会を励みにして待っていますからね。」
 お家に帰って今年の作品を見ながら、また清里の時間を思い出してね。それぞれの、どこにも売っていないとっておきの自分へのお土産になってくれるのがこのトールペイント教室を、やっていて一番嬉しいところです。
.
岸さんファミリーが日本一周を果たして4年ぶりにあそびにきてくださいました。
「日本中行き尽くして、もう一度行きたい所は?、って娘に聞いたらファーストトレイン!!って言うんですよ。」って聞いた時は胸がいっぱいになりました。
なんて嬉しいことでしょうか。
それぞれ思い思いの作品は、その時にしか思いつかない図案だったり想いだったりが絵になります。
これは「旅先で描く」ならではで、私はいつもその時々をご一緒させていただけてホントに幸せに思います。
  お兄ちゃんの図柄のバランスが、また素晴らしいこと。お姉ちゃんの筆使いのアイデア、ママの緻密な再現、どれもホントに素晴らしい。
「また来るから!!」と作品を手にしたまま、その言葉を聞かせていただくと、とても嬉しくなります。
アリガトウ、本当に有難う。
.
開業当初から、毎年夏には必ずお会いしている大矢さんファミリーです。
初めてお会いした時は、ベビーちゃんだったユカチャンは、今年中学3年生です。
もうすっかりお姉さんです。ファーストトレインも14年、今回もこうして、ご一緒にトールペイントが出来て嬉しいかぎり。
 必ず、仲良しのパパとトールペイント教室に参加して下さっています。
来年は高校生になるユカチャン、ファーストトレインも来年は15周年です。
「高校生になっても遊びに来てね!!」と、言うと力強く「ウン!!」って返ってきました。
待ってるわよ!必ず会いに来て下さいね。
.
7年越しで、毎年お会いしている、小石峰さんファミリーのナホちゃんです。
今回は大きいママの70歳のお祝いを兼ねて、遊びに来て下さいました。
それぞれ学校を1つ進学されて、一段と大きくなられたその様子に、嬉しくなってしまいます。
積もる話を聞かせていただきながら、黙々と筆を走らせるナホちゃん。
ぐんぐん絵が上達していくのには、驚きます。完成したころには、おでこにもトールペイントしていました。
嬉しい再会のトールペイントでした。
.
毎年夏に、必ず遊びに来て下さっている星野さんファミリーです。
初めてお会いした時には、お兄ちゃんがママのお腹に居た頃でした。
今ではすっかり、4人家族の素敵なファミリーです。
 トールペイントはママがここ数年は僕達を寝かせる為にご一緒できずその分、パパが大奮闘して、「力作」に頑張っていました。
今夜は、僕達が揃って眠りについて、ママもパパとご一緒に久々にトールペイントです。
 さあ、筆をすべらせながら積もる話もしましょうね。
星野さんの住む町は「あじさい」がシンボルフラワーで、ご自宅には僕達の花として1株づつ、種類の違うアジサイを植えたそうです。
パパは、そのアジサイをデザインすることにしました。
ママは、玄関に飾るウエルカムプレートを、バラの絵で。
 翌日、目が覚めてから僕達に、パパとママの作品をお披露目です。
「パパもママも上手だよね〜!」数年後、僕達ともご一緒できる日が来ると嬉しいな。
.
常連の青木夫妻のユキエさんです。
 毎回、必ずトールペイントをご一緒するのですが、お会いするとどうしても嬉しくなってしまって私の話も止まらなくなってしまいます。
 未完成作品がファーストトレインの作品棚に、「お留守番」になってしまいます。
 一旦、持ち帰りも試みますが「やっぱり家だと出来上がらないまんまになってしまって・・・」と、いうことで先月、今月2ヶ月続きでこれまでの未完成を今回は「完成」させていくことにしました。
と、言いながらもヤッパリユキエさんにお会いすると「あのね・・・」と、始まってしまいます。
雑貨の話、インテリアの話、お仕事の保育園での話、常連さんの誰々さんの話・・・。
それでも今回は頑張って完成しましたとも!!
 素晴らしいでしょ、見て下さい!!
.
「前回は、眠さに負けて出来なかったから今回はトールペイントやりたいの!」と、香川県から遊びに来て下さった福本さんです。
ええ、喜んでご一緒しましょう。
 「ガーデニングはホントにキリが無くて・・、楽しいよね。こちらもバラが今沢山咲いてるもんねえ。ホント花が咲くのは嬉しいもんね〜」と、言いながら庭に飾るガーデンプレートを作成されました。アクリル絵の具で描く作品は、お庭に置いてもモチロンOK。
 雨で絵具が流れ落ちてしまうことはアリマセン。これって、ホントに家の中同様に雑貨を飾りたいガーデナーには有難いですよね。
自分で育てた花達に自分で描いたトールペイント作品を・・・ウフ、最高ですよね!!「エエのが出来たわ、嬉しいわ!!こんなに巧く出来ると嬉しい」
 何処にも売っていない自分だけのオリジナル。
また、お庭に飾ったところの写真を見せて下さいね。
.
神戸の井川さんです。お会いすると必ずトールペイントをご一緒します。
 前回未完成だったティッシュケースとハウスオーナメントを緑をテーマにして描いてみました。
 「ここへ来ると雑貨インテリアに感化されて、いつも家に帰ったら色々やってみたくなるの」と、言って下さいます。
 ええ、ええ、また是非とも井川さんのお宅のインテリアの写真を見せて下さいね。
.
以前カントリー雑貨が大好きなお母様がファーストトレインに遊びに来て下さって、次はお嬢様夫妻をご紹介下さいました。
 結婚記念日4年目という大沢様です。
 来月はお姉様も結婚されるということでプレゼントに、そしてファーストトレインを紹介して下さったお礼にお母様へ、それぞれトールペイントをされることになりました。
 始めは「ボクは見学していてイイですか?」と、言ってたご主人ですが、例の「そう言ってた男性のほうがハマる」が、まさに今回もその現象が起きました。
 奥さまがお姉様への物を担当し、ご主人がお母様への物を担当していましたが次々出てくる構想に横で「本当だ!!」と、声を上げるほど机に並んだ絵具の数が物語る、真剣な様子でした。
 奥さまも、お姉さま用のものが出来上がっていくにつれ、「これ、やっぱりウチの玄関に置こうか!」と、言い始めました。
 自分で描いた作品は世界に1つの物になり、愛着が増して、そう簡単には手放せなくなってしまうモノよ。
 最後にはとうとうご自身の結婚記念の日付とお二人の名前を入れました。
 エエ、私がトールペイントを始めたきっかけがまさにそうでしたもの。誰も持っていない自分用の雑貨が欲しくて、描き始めて今に至っているのですからとってもお気持ちがわかりますよ。

.
「将来は、ファーストトレインで働くのが夢!」と、来るたび熱い夢を語るなっちゃんです。
 トールペイント教室のママとの参加は、必須項目です。
 「だって、ファーストトレインで働くからトールペイントも巧く出来るようになっておかなくっちゃだもんね。」に、ますます私もうれしくなってしまいます。
 今回も一夜に、2作品。そのうちの1作品は、ハガキプレートです。
 清里郵便局の窓口で送ると、牛の消印を押してもらえるのよ。
 イイでしょ!!トールペイントした自分へのお手紙が、旅の後に届くのよ。
 また清里の事を思い出してね。
 翌日チェックアウトの時間がそろそろ迫ってきました。
 少しずつなっちゃんの元気がなくなってきます。
 「おばちゃん・・・、また来るからね・・、あのね・・・、カバンの準備してくるね・・・・。帰りたくないんだけど」なっちゃんの鼻の頭が赤くなり始めました。
 靴を履きながら、どんどん目には涙の粒が膨らんできます。
 「元気でね、また遊びに来てね。待ってるよ!!」と、私もなっちゃんに手を差し出して握手をします。
 とうとう涙が堰を切って溢れだしてしまいました。
 いつもアリガトウ。この小さな常連の、なっちゃんのお陰で、私もとても心強いのです。本当に有難う。
.
「ここを、とっても気に入っているの」と、言ってくださって、今やすっかり常連になってくださった藤谷さんが恩師の先生とご一緒にまたまたお出かけ下さっています。
 今回は23日から藤谷さんの熱烈なオファーで「高原の風に乗って」と、言うテーマで所有されているギャラリーに、貸し出しするFT作品を引き取りに来て下さっています。
 そうは言っても来た限りは、トールペイント教室に参加したい!!とのことで、ギャラリーのドアプレートを作成することになりました。
 ええ、作品展のドアには藤谷さんの作品も飾られているはずでしょう。是非、実物をご覧になって見て下さいね。
2010年版
.
2010年も残すところあと1日。高橋さんが遊びに来て下さって今夜もまたまたトールペイントをご一緒しました。
 お会いすると必ずお教室に参加して下さっています。
 高校生と中学生になったお嬢さん達とローカルな話をしながら筆を進め、年々デザインも素敵になり、その様子が嬉しい限りです。
 今回は初めてガラスにも描けるグロッシーという絵具を使ってみました。どうでしょう、素敵でしょ!!
.
カッコいいパパ前田さんがご家族で遊びに来て下さっています。
ええ!モチロン。トールペイントは、毎回必ずご一緒です。
 小さかったサっちゃんも、今ではこんなに大きくなって、これまでで何作品一緒に作ったか数えきれないくらいです。
今夜は、パパの50歳お誕生日の記念作品です。
 今回は、ストロークを使って花の絵を描いてみます。
自由に描いていたこれまでとは違う画風・・・。ひと筆ごとの入れようが、とてもきれいで丁寧な様子に「もしかして前田さん、習字も得意なんじゃあないですか??」と、聞いてみると、なんと書道教室に長い間通っていたとのこと。
 なるほど!お花のストロークは、書道に近い部分があってとても納得でした。
「練習して、今度来る時は、葉っぱの絵を描きます。」ええ、ええ。新たな発見、次回も楽しみにしていますからね。
サっちゃんも、ママとリモコンケースを作成中です。
 お留守番しているワンちゃんをモデルに、とってもリアルな毛並みと目の表情が素晴らしい!!
そして、とっても嬉しいのが、はるか昔に私が作ったハートのキーホルダーを今もずっとクルマの鍵に付けて使ってくださっているとのこと。
 年月とともに、随分貫禄が出ているのを見せて下さって、感激しました。私の手元から前田さんの元へお嫁入りして、沢山の歴史を刻んでもらってキーホルダーも、とても幸せそうに見えました。
.
ドクターのお兄ちゃんパパとママが、ファーストトレインで挙式をした、おととしは、まだ抱っこのベビーちゃんだったアンナちゃん。
今回は大きいパパと大きいママがお孫ちゃん達を連れて、遊びに来て下さいました。トールペイントにも興味深々。
お兄ちゃん達に交じって一人で筆を握って黙々と、集中しています。
これはスゴイ。将来が楽しみよ!!講師資格のコースを受けている近山さんもビックリです。
大きいパパの目を細める姿もとても素敵でした。
.
谷上ファミリーのママとお嬢さんです。
毎回必ず日曜泊で参加していた、私のカントリーに、今回どうしても日程が合わず、「あれ???福井の谷上さんは??」と、何人の声が上がったことでしょう。みんな心配していたよ、と。そんな話をしながら、トールペイント教室で筆を滑らせながら、話が尽きません。
初めてお会いした頃、まだ小さかったお嬢さん達も年々大きくなってくると、日程の都合するのが難しくなってきます。
それでもこうして、必ずお顔を見せてくれるのには本当に、本当に嬉しい限りです。有難う!本当にありがとう。
.
「おひさしぶり〜!!」お元気そうなお二人の姿に嬉しくなります。
夜は、トールペイントをご一緒します。
「実は結婚したんです!それで、今回はその記念プレートを作りたくって!!」
まあ、嬉しいお話じゃないですか!!是非とも喜んで。
ベースは、時と共に色の変化の経過を楽しめるように、ステイン剤を使ってみました。
たくさんの文字を入れるのですが、再会が嬉しくて、筆に絵具を付けてからも「それでね、」と、話が切れる事がありません。完成してからも、まだ話し足りない気分です。
有難う、ありがとう。また時々、お顔を見せてね!!
.
「7年前にお世話になった田中さんって・・。言ってたけど。」に、すぐに「あ!!ドライヤーのボクだ!」と、すぐに繋がりました。
忘れもしません。
作品を乾かすのに「ドライヤーで乾かしてね。」と、言うと大真面目に髪の毛にドライヤーを当ててみたり、絵具の量を指示するのに「500円玉くらいの大きさでパレットの上に出してみてね」と、言うとママの財布から実物を出して確認してみたり私の笑いのツボにハマる、あのボクの事を。
玄関に立った途端、あのボクは、すっかり大きくなってお兄さんになってしまっていましたが、面影が残っていて嬉しくなってしまいました。
モチロン、夜はご家族全員参加でトールペイントをご一緒しました。
ママもパパもあの日の事はよく覚えていて、懐かしい話に笑い声が絶えません。
私の記憶の中ではあの時のボクがそのまんま居て、お兄ちゃんになったボクが、またドライヤーを握ると、可笑しくて可笑しくて仕方ありません。
また何かやってくれそうな気がして、どこか待ってたりもしています。
本当に幸せな、再会のトールペインで、嬉しくなりました。
有難う。本当にありがとう。
有難う、ありがとう。栄養補給満タン完了できたよ、今日も頑張るね!
.
お互いに示し合わせた日程ではありませんが、それぞれ軽く20回は超える常連のお客様達が顔を合わせた今日のトールペイント教室。
寿美さんは、お母さんのよよママと、叔父様夫妻を誘って、なっちゃんは5月の続きの作品を完成させようと、皆で筆を滑らせます。
「それにしてもなっちゃんの作品すごいねえ!!え??諭吉っちゃんにあげる為に描いてるって??」
今や絵を専門的に学ぶ学校へ進学して、ますますセンスが磨かれていきます。
こんな素晴らしい作品もらったら、諭吉っちゃんよろこぶよ〜!!
しかし、明日なっちゃんは都合があって、朝食を食べる間もないチェックアウトをされて諭吉ッちゃんに直接手渡すことができないのです。
「皆でナッチャンの代わりに、間違えなく渡しに行こうね!!」 
そんな話をしながら皆さんも伐りのいいところまで完成しました。
楽しい時間はあっという間で、消灯を過ぎていました。
.
古関ファミリーとの再会です。
夜のトールペイントもお決まりのコースです。
「本当に大きくなったヨねえー。成長したよねー。」何度こんな言葉が出てくるのでしょうか。
毎年お会いしてその様子を目の当たりに拝見したくて、この日をとても楽しみにしています。
今や2人ともパパのお手伝いが無くても、こうして、ちゃんと完成出来るまでになったのですから。
チエチャンは顔に絵具を付けるほど、箱の中を覗き込んで、一生懸命色を塗りました。
宝箱には「ぽにょ」を描きました。リックンは今日見てきた馬の様子を、ママは前回の続きを完成させて次の作品にも取りかかりました。
嬉しい再会のトールペイントです。
.
初めてお会いした小川さん姉妹です。我が家の夢2達と、同じ位の世代の仲良しの姉妹です。「ヤバー、超カワイイー!!」と、チェックインされるなり、どこを見ても感激して下さっていました。
夕食後は、トールペイントです。
最近、よく題材にしているイニシャルを花文字にする作品を描くことにしました。お二人とも、説明したことが全て筆に反映されて、とっても上手です。背景をピンクにしてみると、明るい素敵な作品に仕上がりました。
見て下さい。とっても上手でしょ。
.
5月にもおあいした、門脇さんご家族です。目下、常連の皆さんがFTにキープしているマイコップの棚に自分のコップを並べるのを目標にして下さっています。
 今回はお兄ちゃん達も家族揃って遊びに来て下さいました。
前回、パパの真剣なトールペイント作品に感激して、「夏も絶対またトールペイントしましょう。」と、お約束していました。
 当日早朝に家を出かけての清里入りと、涼しい空気に教室の時間が始まる前には、睡魔がやってきて・・。
いえいえ、それでもやっぱりご一緒したら、この素晴らしい作品が完成しました。
 ママも、今回は疲れも吹っ飛ぶ筆さばきで、驚きました。
僕はお兄ちゃんの色のアドバイスを受けながら!!
嬉しい嬉しい!!また、ご一緒できて。
是非とも、おうちのアイテムに加えて下さいね。そして、マイコップを置きに、FTにまた是非とも帰ってきてね。
 ええ、お待ちしていますとも。
.
毎年お会いしている小石峰ファミリーのアイちゃんとナホちゃんです。
トールペイントも必ずご参加くださっています。
これまでの積もる話、諭吉っちゃんの噂話をして笑い声とともに筆を進めています。
そして一番のヒットはナホちゃんの「ボサボサを描く筆」。
??でしょ。
ステンシルブラシ、スティップルブラシとも言うあの筆のことです。
これには私も笑いが止まりませんでした。
だって何て解りやすい表現!!スティップルとかステンシルとか横文字より「ボサボサを描く筆」これは是非あの「秘密兵器」と合わせて使わせてもらいたいトールペイント用語です。
 そんな楽しい話をしながら出来上がった作品は宝箱とマイバッグです。
 素敵でしょ!
.
毎年フィールドバレエのシーズンにお会いしている福田さんです。
いつもフィールドバレエの時間は大きいパパとお孫さんは、トールペイント教室に参加して下さっています。
チエックインされるなり客室へ上がるのももどかしく、勝手知ったるアトリエに大きいパパとお孫さんは直行です。
私も昨年の大きいパパが描いた「りんどう」の花の絵が浮かんできます。
お教室の時間が待ち切れず早めの開始をしました。
なんと大きいパパの今回の図案は「カタツムリ」にアジサイです。
描きながらその図柄の背景には、10年前に亡くなった大きいパパのお母様が詠んだ俳句を絵にしたい、という想いがあったのでした。
その話を伺って胸がいっぱいになりました。
モチロン絵が完成した中に、お母様の句が入っています。
きっときっと天国でお母様大喜びされているでしょうね。
その横でお孫さんは作品を今年も2つ仕上げました。
ええ!!お約束。来年も必ずご一緒しましょうね。
.
4年越しで毎年お会いしている星野さんです。
今回はご両親をお連れくださって、親子でトールペイント教室にご参加下さっています。いつもファーストトレインの話を聞かせてもらっていたんですよ!」に、本当に嬉しくなります。
優しい星野さんのお人柄が、ご両親にお会いして尚更、納得でした。
とても仲が良く、それぞれの作品が完成しました。
素晴らしい!!!
そして今月末には奥さまの家族もお連れくださっての再会のお約束をいただいています。
ええ、お待ちしていますとも!
またトールペイントもご一緒しましょうね。
.
大塚さんファミリーとの再会です。
 昨年の七夕の日におじいちゃんが亡くなって早1年、今回もファーストトレインで最後に撮ったおじいちゃんの写真と一緒に遊びに来てくださいました。そのおじいちゃんの写真を拝見した途端に声が聞こえるようで胸がいっぱいになってしまいました。今日のテーブルには今は亡きおじいちゃんの御席も作ってお花とお茶を入れて、お写真を置いていただきました。そこにはまるでおじいちゃんが居るかのようです。
 昨秋結婚してカナダに移住されたお姉さんもダーリンと一緒に帰っていて皆勢ぞろい!夜はご一緒にトールペイントです。
今回は大きいママも一緒です。「絵は苦手なのよ・・。」と、言いながらも材料は一番大きなプレートを手にしています。「出来るかしら・・」と、描きながらも何度も心配そうにされています。でも、大丈夫よ!その為に私も居ますからね。ひと筆ずつ慎重に描きながら、でも確実にひと筆ずつ自信を持って筆がうまく動いて、お花が出来上がっていきます。そのうち皆さんもそれぞれとっても素敵な作品が完成しました。嬉しい嬉しい!!
そして、またお会いできて本当に嬉しかった。有難う、本当にありがとう。
.
7人グループで、遊びに来てくださった田中さんグループです。
女性陣は「トールペイントするよ〜。」と、材料選びからとても賑やかです。
「これは好いお土産になるわ。」と、色を塗る前からワクワクしてくださる様子が伝わってきます。「初めてにしては上出来!上出来!」と、一つ一つ、それぞれを確認しながら描く姿が、何ともステキです。
そうですとも!自分が良い!!と、思えることが何よりなのですから。
.
毎年必ずフィールドバレエにお会いしている鈴木さんです。
今年も早速、お約束のプログラムのパンフレットをお送りした途端に連絡がありました。
ところが、「観たい演幕の日がどの日も都合が合わなくて・・、だから今年は前倒しして清里に行きます。」と、遊びに来て下さいました。
フィールドバレエを観に行くと参加出来ないトールペイント教室。今度はトールペイントをやりに行くからね!!と、嬉しい時間をご一緒しました。
.
修学旅行でやってきて下さった春木中学校学生の皆サンです。
分宿して各ペンションの中で体験学習します。
モチロン、ファーストトレインに泊まったらトールペイントがお決まりです。
今回はテーマをエコバッグにしました。
トールペイントは、道具に絵を描くところから始まった物。
白木だけではなくて、何にでも描けるところがステキでしょ。
みんな、完成!!
口々に「わ~可愛い〜」です。ヨカッタわ!是非、使ってね。
.
松本さんファミリーの末っ子のボクちゃんの作品です。
ママにお兄ちゃん、お姉ちゃんが毎回トールペイントをされるのを自分も一緒にやってみたくてやってみたくて仕方ありません。
そんなボクちゃんをなだめながら、紙の上に描いてもらった作品はママが描いたドラえもんに色鉛筆で塗るだけでは治まりません。
色々描いてみたくて仕方ないのです。
走り出す鉛筆はいろんな絵になりました。
テントウムシの黒い点々、ボートのオール、アリさん、ズボン。
ボクの心の中に描いてみたいものが一杯。
とっても可愛くて思わず教室の中に貼っておきたくなりました。
大きくなったら、きっとママやお兄ちゃんお姉ちゃんみたいにボクちゃんも一緒にトールペイントしようね。約束!!
.
サトちゃんが、結婚して奥さんを連れてやって来てくれました。
幸せな報告に本当に嬉しくなりました。いつもお会いする時はトールペイントが恒例になっていたので今回も、勿論お二人で仲良く参加してくださいました。還暦、退職の記念旅行の武田さんも「一緒にやりましょうよ!!」
それぞれ、お好きな材料で、さあ始めましょうね。こういう時間って、仕事に一生懸命打ち込む時期には本当に無くなってしまってたよね。じっくり集中して手を動かすゆとりの時間。何かの折に、またそんな時間もあって良いんだと、気づいてみるのも素敵ですよね。きっかけになれると私も、幸せです。
完成した作品をそれぞれお披露目しながら、「みんなそれぞれ素晴らしい!!」
.
遊佐さんと藤田さんが、また遊びに来て下さいました。
お二人は36年前のこの4月に知り合った学生時代からのお友達です。
ご一緒に、トールペイントをしながら、「ねえねえ、こうして隣同士に座って習うと学生の頃思い出すよねえ。」に、私まで嬉しくなります。
 今回はトレイにイニシャルを花で飾るデザインをトレイに描く遊佐さん、デイジーをプラークに描く藤田さん。
共にきっと学生時代も優秀な生徒さんだったのでしょうね。とても上手にかき上げていきます。
「私、また何回も来るから今度はパネルの作品の材料注文しておいてね。」
「私もまた近々来るから続きは次回、ココへ作品は置いて帰るわ。」
嬉しいわ。また会えるのね!!ええ、ええお待ちしていますよ。
.
「私の夢は大きくなったらファーストトレインで働くこと。」と、言って下さるナッチャン2号こと村上なっちゃんです。
お会いすると、必ずトールペイントもご一緒します。
「だって、ファーストトレインで働きたいんだから、トールペイントもいっぱい練習して達人になっておくんだもん!!」なんて言ってくれるのです。
何と心強い味方なんでしょう。嬉しくなっちゃいます。
持参した筆箱は、「これも学校で毎日使ってるの。だってファーストトレインだもん。」以前私がお土産用に作って鉛筆がきれいに削られてキャップまで付けて使ってくださっているのには本当に嬉しくなりました。
今回は2作品。宝物入れと、家で待っているお人形さんにお土産にするスプーンです。画風もどんどんお姉さんになって来ました。
私がトールペイントを始めたのは、大人になってしまってからだから、きっと、きっとなっちゃんの方が上手になるわよ!
そのときは、なっちゃんもファーストトレイン魔女2号に呼び方変更かしら。
.
実は、今年3回目の再会の加藤さんです。
「体験」とつくものが大好きだそうで、必ずトールペイントをご一緒しています。
しかも、FTのホームページを端から端までいつも観て下さっていて色んな会がある事もモチロン知ってくださっています。
「今日は、またクルクルを持ってきています」「僕も昭和40年生まれなんです」など等。
ええ、そのうちに常連陣のチェックでOKが出れば会員にも入会していただきましょう。
こんなお話を、いつもしながら筆を滑らせています。
今回は、大作にチャレンジしていて大きなドアクラウンにトールペイント教室の壁にも施してあるバラのデザインを作製中です。
ええ、2月の来月もまた、いらっしゃって下さるお約束をしていますので続きをご一緒しましょうね。
2009年版
.
晴れて夫婦になった舘野さんと、圭ちゃんが新居に掲げる表札を作りにやってきました。
舘野サン、と言えばいつも楽しいユニークなデザインとアイデアで素晴らしい作品が浮かんできます。
今回もお二人らしい素晴らしい表札が完成しました。
デザインは舘野サン、色付けはケイチャンの共同作品です。
.
この夏も、沢山のいつも必ず夏にお会いする皆サンに再会出来て幸せでした。
今夜は、小石峰さんと星野さんとの再会でした。
モチロン、トールペイントは欠かせません。
星野さんは一昨年夫婦2人でお腹のベビーちゃんと遊びにやってきてくださって昨年は生まれたベビーちゃんを連れて、この夏はママが2人目をご懐妊で次は、2人のパパになります。そして小石峰ファミリーの低学年だったあいちゃんは今では中学2年、なほちゃんは5年生。この再会のトールペイントは、筆を動かさねば・・なのですが、嬉しくて絵とは別の話になり、ついつい長話になってしまいます。 
有難う、ありがとう。またお会いできることが、私にどれ程の何よりものエネルギーを与えてくれることでしょうか!!ええ、ずっと続けていくわよ。
本当にありがとう。
.
夏休みの恒例になった、カッコいいパパこと前田さんとサッチャンとの再会のトールペイントです。
ええ、きっと皆サンもTVプロフェッショナルでお茶の達人としてご覧になった人も多いはず。本にも度々紹介され達人レベルは、モチロンですがこのカッコいいダンディなマスクに「あれ?前田さん」と振り返ることでしょう。筆を滑らせながら「ご活躍の様子にますます多忙になって、もうファーストトレインに来る時間もなくなってしまい会えなくなってしまいはしないかと思ったわよ。」と、言うと「いやいや、ココへ来るのを幸子も僕も一番楽しみにしていますから死ぬまでずっと 来ますよ。」と、言ってくれました。嬉しい限りです。
夏休みで帰って来ている大夢もトールペイントが終わった前田さんと撮影です。
学校で「職場の教養」に載った前田さんをいち早く見つけた夢実には、前田さんのサインをいただきました。
ええ、ずっとずっと必ず会いに来て下さいね。
.
Wなッちゃんとの再会です。
初代なっちゃんは、今ではもう中学3年、3代目のなっちゃんは小学3年生。それぞれ幼稚園の頃から遊びに来てくださって、トールペイント教室に参加してくださっています。
昨年秋、同じ日に2人のなっちゃんはトールペイント教室で対面して、またまた今日は再会になりました。初代なっちゃんは生まれたときから友人のチーちゃん家族をご紹介してくれて、3人一緒の材料でそれぞれ好きな絵をかきました。
いつもママと一緒の3代目なっちゃんは、大興奮で作品を2時間のうちに2作も完成させました。
.
毎回遊びに来てくださる度、「トールペイントは必ず欠かせない」と、楽しみにしてくださっている北永ファミリーです。今回は、これまで作った数々の歴代作品を全て持って遊びにきてくださいました。
作品だけでいっぱいになった大きなスポーツバッグから出て来る出て来る、懐かしいご一緒した作品達。その時々の思い出までもが、沢山詰まっています。
「そうそう、これは初めてご一緒したときの物、これは、ボクこんなに上手く出来たから女の子にモテルカナア、と、名言を発した作品、」など等。机にズラリと並べてみました。
今回も、すっかりお兄ちゃんになった素晴らしいボクの作品、うんと小さかったワタシも自分一人で完成できるようになった作品、描くたびに腕があがるママの3作品が加わりました。
本当に嬉しい限りです。ええ、これからもずっと一緒に描きましょうね。
.
結婚31周年の記念日に遊びに来てくださった浅田さんご夫妻です。
「子供も結婚して皆元気でいるから、こうしてお父さんと、ようやく出てこれるようになったよね。」と、言いながらトールペイント教室にも仲良く参加です。
素敵ステキ!!ご夫婦で、また同じ時間を楽しむ姿に私まで嬉しくなってしまいます。
初めてだからドウヤッテいいか??なんて言っていたご主人もデザインは大好きな釣りで、先日捕獲した巨大イカの絵を描くことになりました。
そうですとも!トールペイントは「絵」なんですから、お花や果物だけじゃなくって良いんですもの。どうしても、お手本がその類が多いから女性的なイメージがあるけれど、こうしか駄目とか、そうじゃなくって自由な発想「色々」がいいんです!!
見てみて!リアルな色合い、生きてるみたいよね。
ちょうどこの時期、海草に卵を産み付けるとのことでその様子も描かれているのよ。素晴らしいじゃないですか!!
「お父さんとココへこれてこんな事出来て、ホントに今日は幸せ」と、言ってくださるお二人に、心から「オメデトウございます。」
.
「ずっとまた来たい、と思っていたの!」
 5年ぶりにお会いした清水さんです。前回はママが一人旅でしたが、今回は二十歳になったお嬢さんとご一緒です。「そういえば、子供もママも同じ歳同士だったのよね。」筆を滑らせながら、いろんな記憶が甦ってきます。
「ホームページを見たけど、子供達北海道へ行ったのよのねえ。寂しくない?」「ええ、もう慣れたつもりだけど、こうして清水さんが母娘で旅行しているのを拝見すると、思い出して羨ましくなるわ。でも、去年まで私達のペンションの夢に付き合ってくれてたんだから、今度は、あの子達を応援する番よ。」そんな返事をしたら、清水さんも「私も前回ココへ来て、スゴク刺激を受けてカラーセラピーの資格を取ったのよ!」と。まあ!なんて嬉しい!!素敵な話じゃないですか。横でお嬢さんもニコニコ。ええ、私も益々、頑張るわよ!
 話が尽きない中、ママとお嬢さんの素敵なバラの作品が2つ完成しました。
有難うございます。また会えてとっても嬉しかったわ!
.
大阪からやって来てくださった森田さんグループです。
清里に住んで12年になり、お客様のまえでは、標準語を心がけているつもりですが、懐かしい大阪弁が聞こえると、お客様の前でも、ついイントネーションも戻ってしまいます。
しかも、まさに実家近所からお出掛けくださっていると判ったのです。
森田さんも、「そのほうが、ヨソヨソしく無くて嬉しいですわ。」
そう言ってくださるなら、今日の私のレクチャーは「大阪弁」で、かめへん?
筆を滑らせながら、まるで大阪の友人に会った様な楽しい時間は、あっという間に消灯を過ぎていました。
.
今日のトールペイント教室は、何だかいつもと様子が違います。
トールペインターなら誰もが「エッー!!!」と声まで上げて驚くことでしょう。
トールペイント界の巨匠陣、大高吟子先生と、津田則子先生と、水谷真理子先生が3人お揃いでファーストトレインの小さなアトリエにいるのですもの。こんな素晴らしい事はありません。
 大高先生に、何度もお電話を頂き、以前からのお約束で、遊びに来てくださることになっていたのです。
しかし、絵の具のある場所では、先生方もプロの表情に変わります。これからの図案のアイデアを練る為にファーストトレインの館内の雑貨達をモデルにしてくださって撮影をなさっているところです。
 3日目の朝食のときには、また必ず遊びに来てくださるお約束と例の年に5回以上遊びに来てくださる方のMYカップ棚に「マイコップ」をお持ちになってくださるお約束もしました。
 ええ、ええ、皆さんのいらっしゃる日に、アトリエを覗くと先生方がいらっしゃるかも・・です。
.
ファーストトレインが大好きと、言ってくださるあの村上なっちゃんが、またまたやって来てくださいました。
 夜はモチロン、ママも一緒にトールペイントです。今回は、2泊で2夜共参加です。「ねえねえ、あのね、大きくなったら私ペンションの人になりたいの!ここで働きたいの」まあ!!嬉しい。そんな事も思っていてくれたのね。私も、ますます元気でいなくっちゃね!有難う。
ええ、これからもモチロン、トールペイントも続けるわよ。
なっちゃんに腕も上げてもらって、トールペイントも手伝ってもらっちゃうからね!!
.
台湾からはるばるやってきてくださったお客様です。
外からやってきてくださったお客様は必ずと言って良いほど夕食後はトールペイントに参加希望です。
「だって、あなたのペンションは、台湾でも有名なのよ!」と言ってくださいます。しかし、日本語の関西弁ならおまかせ!ですが私はいつまで経っても共通語の英語も相変わらず「a little」なので今日も大袈裟で可笑しなボディパフォーマンスでレクチャーです。
もしかするとこの怪しすぎるパフォーマンスが有名になってしまったのかもしれません。
今回はドアプレートとミニ手桶が完成しました。
「素晴らしいわ。とっても上手よ!」と言うと「先生の指導が良いのよ。」なんて言ってくださいました。
イエイエ、私の指導じゃなくって、きっと私の大袈裟で可笑しなボディパフォーマンスを読み取るお二人の「腕」と「技」ですよ。
.
常連のユキエさんからのご紹介で遊びに来てくださった、
村田さんカップルです。
「いつもユキエさんから、トールペイントの事を聞いていました。」
とのことで、今回はご一緒することになりました。
彼女も大の雑貨好きです。
見て下さい。ステキな作品はお揃いのブルーで統一です。
.
毎年同じ時期に再会のトールペイントをご一緒している高橋さん姉妹です。
今回もモチロントールペイントです。
テーマはお二人とも作品に文字を織り交ぜて描くことにしました。
お姉ちゃんは仲良しの友人と見つけた大好きな言葉を、妹さんは、なんとケースの中にティッシュが無くなったら見える文章が。
和む図柄に、更に、楽しい演出です。
ステキな作品がお会いするたびに増えてます。
2008年版
.
常連の私のカントリー隊隊長の愛娘のナっチャンと恒例のトールペイントです。
一昨年にもお会いした村上さんのお嬢さんも小学生になって今日は、ママと一緒にご参加です。夕食が終わってからもトールペイントの時間まで、早く時間が来ないかと、待ちきれなくて客室とトールペイント教室の間を行ったり来たり。パタパタ動く私の姿を見つけるたびに駆け寄って来ては「ねえねえ、あ〜、ずっとここに泊まっていたいなあ〜。」「ねえねえ、あ〜、早くトールペイントの時間にならないかな〜。」「ねえねえ、あ〜、ず〜っと楽しみにしてたからなあ〜。」と、私の耳に聞こえるように独り言。
 さあさあ、9時になったわよ。私も教室に向かいました。それぞれの好きな白木を手にとって筆を滑らせながら会話も進みます。
そんな会話の中で村上さんのお嬢さんも「なっちゃん」と、言うことも判り今日は「ダブルナっちゃん」に、 ますます話が盛り上がります。
そういえばカントリー隊長の娘のなっチャンも、村上なっちゃんくらいの頃があったわよねえ〜。「うん、描くのは好きなんだけど絵の具が苦手で盛り上げて塗ってしまったり、ウサギのプレートに黒い字で【ラビット】なんて書いたこともあったり・・・。随分ここへ来るたびにいっぱい描いたなあ」しかし、そう思うと今や絵の勉強をするために進学して本当にスゴイじゃない。「幼稚園の頃から数えきれない位、ここへ来てますからねえ〜」に、村上なっちゃんも「ず〜っとお絵かきしていたいなあ〜」ホント、嬉しい限りよ。ありがとうね。
翌朝は、朝食が終わった頃から村上なっちゃんの元気がアリマセン。
 チェックアウトするママの後ろで、リュックサックを背負ったまんま座り込んでうつむいた目から涙が溢れてこぼれて来ます。「帰りたくない・・。」
ありがとう。また、遊びに来てね、また一緒にトールペイントしようね。
また、きっとお会いしましょうね。
.
またまた、台北から遥々と団体で遊びに来てくださいました。
夜は恒例になっているトールペイント教室です。今回も24名を3部制の教室でご一緒します。
 今回の通訳をしてくださるのは、リンさんです。男性の通訳兼ツアーガイドとしては初めてファーストトレインに来てくださいました。
 皆さんを楽しませる話術も心遣いもとても豊かで、笑い声が耐えません。
ええ、きっと私の怪しい英語の説明にも、ご自身の主観も交えてお話くださっているのでしょう。
 笑い声と誰もが戸惑うことなくスムーズに筆を滑らせています。
 3部目の教室にはリンさんも一緒にテーブルに着いて通訳しながら今回の課題を描きあげて行きます。
 説明も3回してくださっているだけあって、とてもお上手です。
 そして、カメラを向けるとポーズです。
 お陰でステキな時間になりました。有り難うございます。
.
1年ぶりの再会です。昨年はお腹にいた赤ちゃんを連れて星野さんがやって来てくださいました。男性のお客様の作品はペン立てに日付をいれて・・、と、いうのを繋いで下さったあの星野さんです。
ママは赤ちゃんを寝かし付けなければならないので今回はパパが大奮闘で家族3人で使えるフックを作成しました。
今日見て来たひまわりのデザインがとてもステキです。
家族3人になったステキな星野さんにお会いできてとても嬉しい時間でした。
.
昭和40年会小林会長とトールペイントです。
年に何度もお出掛けいただいていますが、いつも食事の後は暖炉の前で山崎の会に小倉トーストの会が待っていて、ご一緒に筆を握るのは久々です。小林会長の席の前には、今日初めてトールペイントをされる小学生の兄弟のお客様が居られました。
小林会長が、一筆一筆慎重に描きながら「う〜ん、ムズカシイ・・」と、唸っている前であっと言う間に作品が出来上がり「簡〜単だった!」と、言ったのを聞いた途端思わず小林会長がズッコケました。
今回の会長の作品は台湾のお客様にも伝授したダブルローディングの花です。
 頑張った作品を、皆さんもご覧になってください。
.
お会いすると必ずトールペイントをご一緒している常連の「カッコいいパパ」こと前田さんがまたもや、ご家族揃って遊びに来てくださいました。
「前田さん???」ええ、反応する人も多いはずです。
先日TV番組プロフェッショナルで「お茶の達人」として放映されていた、あの前田さんです。
筆を握りながら今回はその時の様子の話になりました。
また、9月23日にはダイジェストになって前田さんのお茶を野球の「イチロウ」さんに届ける。と、いうシーンもあるそうです。これは、大変!!いつものトールペイント教室のパパじゃなくって
サインの練習をしなくっちゃ!!
.
毎月、必ず遊びに来てくださっている近山さん親子がお友達を連れて来てくださいました。
 トールペイントも毎回の恒例です。
 作品を描きながら、もう来月の話になって「次はこんな物を描きたい、」ということになります。
 毎月のことなのでお嬢さんたちが、初めて筆を握る人にも、私の説明が始まる前に手順を説明してくださるので、とても捗ります。
 今回もそのお陰で、お友達もステキな作品が完成です。
 ええ、来月もお待ちしていますね。
.
広島からやってきてくださった吉岡さん親子です。
お嬢さんが来年は社会人になるので最後の学生生活に遊びに来てくださいました。
デザインの勉強をしているだけあって、サラサラと頭に浮かび上がるものが筆に反映され素晴らしい作品になります。今回の作品はママとの旅の思い出に、来年からは社会人デビュー頑張ってね。
.
台湾から遥々遊びに来てくださった、許さんファミリーです。
「ホームページを見て貴方を知ってます。7月22日行きます、大丈夫ですか?こちらは、台湾から電話してます。」
と、とても上手な日本語で直接お電話をくださいました。
「息子はとてもトールペイントがやりたいです。でも、夜は貴方は疲れていませんか?」と、私を気遣ってくださっているのには恐れ入りました。
「いえいえ、私が手の空く時間が9時からなので教室を始められる時間はいつもの事なのよ。
疲れているどころか、私は皆さんとご一緒出来るこの時間を楽しみにしているのよ。」ええ、ステキな作品を描いていただきましょう。
トールペイントの時間には家族全員でご参加下さっています。
息子さんの王君も絵を描くことが大好きでアイデアが溢れるように次々に出てきます。
一つ一つ筆を入れる前には家族の顔を覗いて確かめています。
そんな仕草に私の顔も思わず綻んでしまいます。
雪は、降らないという台湾。図柄はスノーマンです。
「冬にまた来ますから」のお約束です。ええ、この図柄のような冬の雪景色を見に清里に是非また遊びに来てくださいね。
.
結婚記念日に泊まりたい!と、10ヶ月も前からご予約くださっていた神野さんご夫妻です。今日は、お子様をご実家に預けて夫婦でゆっくりとした時間を過ごされるとのことです。夜は揃って、トールペイントにご参加です。
 奥様は表札に、ご主人はトイレのプレートが出来上がりました。
 ご主人も大満足で「いや〜、ウン、上手く出来た。俺の部屋にかざろうかな!」え??トイレのプレートを??と、私と奥様は思わず顔を見合わせてしまいました。
 でも、お部屋に飾ってもOKなくらい素敵なプレートでした。
.
またもや第2弾!「ファーストトレインのインテリアのしつらえ」をご覧になりに、はるばる、またまた台湾から20名の団体のお客様がやってきてくださいました。
 夕食後は必ず恒例になっているトールペイント教室に今回も2部制に分かれてご参加くださっています。
 皆さんも真剣に取り組んでくださっています。
日本にやって来て、それぞれが自分の手で描き上げた作品を、皆さんのお家の雑貨アイテムとして加えていただけると嬉しいです。
.
毎回、遊びに来てくださる度にトールペイントをご一緒している近山さんとお嬢さん達です。
 昨日の夜はモチロントールペイントでしたが、今朝、チェックアウト前に近山さんのご趣味のアメリカンフラワーを教えてくださることになりました。型を作ったワイヤーに、シャボン玉の要領で好きな色の液体のボトルに付け込んで、ゆっくりと引き上げ膜を張ります。すごいスゴイ!!そして花のパーツを組み上げます。見てください!!可愛いお花ができましたよ。とても楽しい時間でした。
近山さん、有難う!!
.
またまた、台北から【雑貨を求めるツアー】と言う企画でファーストトレインにやってきてくださいました。館内のインテリアに皆さんのカメラの音が止みません。
仕舞いには私まで館内の雑貨の一部分のように画像に収めて下さいます。
夕食後はモチロン、トールペイント教室で3部制に分かれて参加をしていただきました。
自分で描く作品はヤッパリ素敵です。中には台湾でトールペイントの教室を開かれている方も居てマイブラシ持参で来てくださいました。
 言葉の壁は、私の得意な気後れ無しの大袈裟なボディパフォーマンスと恐ろしい英語です。
ええ、ええ。ちゃんと作品が完成するところを見ると最近たくさんの海外のお客様をお迎えするたびに、英語もパフォーマンスも得意になってきたのかしら・・。なんて思うこともあります。トールペイントのお陰でこんなにも皆さんと近づけて嬉しい限りです。
 本当に遥々有り難うございます。

 彼女も台北のトールペイントの講師です。これからも一緒にますますトールペイントの輪を広げましょうね!
.
パパはウインナー教室に、ママはトールペイント教室に、それぞれに同時に参加したい!!と、遊びに来てくださった星野さんファミリーです。
お子様は、食事が終わって眠ってしまったので、ママは、心おきなくユックりと絵筆も握れます。そうそう、こんな時間もなければ!!私も子供たちが小さい頃、二人が同時に眠ってくれた夜は最高の「筆をゆっくり握れる時間」でした。
 ママとそんな話をしながら描き始めていると、ウインナー教室を終えていたパパが覗きにきてくださいました。「パパもご一緒しましょうよ!!」と、声をかけると「じゃあ!!」と、いうことになりました。
 作品に熱中し始めた頃に、先程のパパのウインナーも茹で上がり、オーナーが教室に持って来ました。試食しながらのトールペイントもイイね!!
 味も上々!筆捌きもお陰で最高!!お二人とも素敵な作品が出来上がりました。
.
4回目の再会にゴールデンウイークに2泊で遊びに来てくださった須田さんファミリーです。僕達も会うたびに大きくなって、嬉しくなります。
 今回は1日目にママがトールペイント教室に参加です。
とてもかわいい、プランタースティックが完成してまるでお店に売っている物のような仕上がりに、次の日の夜はお兄ちゃんも是非とも参加したい!!と、いうことでママも2夜連続で、ご一緒しました。
 そうそう!!見本どおりに、こう描かなくてはイケナイ、とか、こうしなくては駄目!って思わなくていいのよ。自分が描く時間を楽しんで出来上がった作品は皆どれも素敵よ。
 ボクも、出来上がった作品に大満足です。ええ、私もご一緒して、一番それが嬉しい時間です。
.
私も我が家の二人が旅立って、ようやく、またゆっくりとトールペイントに向き合うようになりました。今日はファーストトレインで甥っこさんの結婚式を企てた間瀬さんとご一緒です。
「皆さん元気にしてる?子供さん生まれたのよねえ。」など等話をしながら・・。
トールペイントを始めたのは、子供たちがベビーの頃。18年前のことです。
 ミルクにオムツ、抱っこにおんぶ。細切れのささやかな時間に筆を握り始めました。
 子供が手を離れて自分の時間を、たっぷり持てるようになったら、すっごく大きな作品を描いて見たいと、ずっとずっと思っていました。
 子供たちが大きくなるのって本当に振り返れば、あっという間です。
 ええ、ええ。楽しませていただきますよ。ね!間瀬さん。
2007年版
.
夏休みにも遊びに来てくださった大谷夫妻です。
今回もトールペイントに2日共ご参加くださいました。
1日目は釣りが大好きなご友人家族へのプレゼントの表札、今夜は自宅用にお揃いの白木で作成されました。
ご主人は、その間中ずっとカメラを持ってお付き合いしてくださって素敵な作品が出来上がりました。
そして、先程までは、お教室に竹綱さんと、高田さんもご参加でした。
「ねえ、夏休み、もしかして一緒の日じゃなかった??」
「ウチは12,13」「私たちは15にちだったっけ??」
一日違いで入れ替わりだったのね。
でも、またいつか会えると嬉しいですね。
.
恒例の日本手芸普及協会講師セミナーに行ってきました。今回はフローラルスイーツというテーマでまるでお祝いのケーキのようにメディウムを生クリームに見立てて絞りかわいい飾りに薔薇飾りのデザインを描き、女性の大好きを集めた新しいテクニックの作品作りでした。みなさんにも是非ご覧いただきたいと思います。でも食べちゃダメよ、うふふ。
.
夏休みもいよいよ終わりに近づいて、お教室の白木材料がどんどん皆さんに描き上げてもらって、それぞれのお家に連れて帰ってもらっています。今日はまたまた、どーんと注文しておいたたくさんの白木が届きました。あの【男性に人気】のペン立ても、もちろんその中に入っています。早速届いたばかりのペン立ての一つを、須田さんのご主人が作成しました。
奥様と同じ図柄で色違いのステキな作品が完成しました。仕上げはあの“ピカピカ”も使って!! 小学校の先生の須田さんは、“こういうピカピカは子供達好きだからなぁ。どんな所に売っているんですか?”今はトールペイントの材料を置いているところには、必ず置いてますよ。
.
毎日皆さんとご一緒しているトールペイント教室で夏休み中続いていることがあります。
それは、何故か必ず男性のお客様のひとりが、「ペン立て」の白木を選ばれます。
今日もまた、この夏休み最後の1つになったペン立てを、金子さんのお兄ちゃんが手に取っていました。モチロンそれまでの教室でのお話をしました。
「じゃあ、日付は入れなくてはね!!」と、渋い、黒とゴールドで決めました。
見てください。カッコいい作品になったでしょ!!
これまでに、ペン立てを作った皆さんにご報告を兼ねて、ママも一緒に写真を撮らせていただきました。
.
毎年の362日ぶりの再会が10回目になった大矢さんファミリーが、またまた3泊で遊びに来てくださっています。
絶対はずすことの出来ない恒例のトールペイント作品もお会いした数だけ増えました。
思い出の数々をお話しながら筆を滑らせるのは、この上ない私の楽しみです。赤ちゃんだったユカちゃんが大きくなった分だけ絵も成長していきます。
ユカちゃんの目で見た今回の清里はどんな風に映っているのかしら。
.
小石峰さんもここ4年、毎年お会いしているファミリーです。
トールペイントの時間は女性組が参加している間パパはお酒を飲みながらのんびり・・。でも、やっぱり気になって時々教室を覗きにやってきます。
作品もそろそろ終盤戦をむかえようとする頃、パパもお手伝い?いえいえ!!
そのうちパパのほうが、ハマッテしまってしっかりと筆を握っています。
筆を取られた私がそのパパの筆捌きを覗き込んでいます。
やっぱり親子。その横顔がそっくりです。
ママもお姉ちゃんの作品をお手伝い、いいね!家族みんなでトールペイントって!!
.
ええ、記憶にある人も多いはず・・。大事なウクレレにトールペイントした木下さんです。
今回は大きいママに、弟さんご夫婦を誘って遊びに来てくださって教室に参加してくださいました。パパは巣箱にファーストトレインカラーを塗って小さなファーストトレイン完成!!
ママは最近人気のレースフラワーの図案でプラークを、ワタシはバスケットのふたにサクランボを描いて、弟さんの奥さんも素敵なプラーク。そして弟さんはペン立てに大きく今日の日付をいれました。見てください!!皆素敵でしょ!!
.
ここのところ男性が選ぶ作品はペン立てが続いています。
今日も星野さんのご主人がペン立てを選んでいます。
思わず昨日の大きく日付の入ったペン立てのことを思い出しました。
その話を星野さんにすると「じゃあ、引き続き「8・5」と入れますよ!!」と、いうことで大好きな魚の絵の上に日付が入りました。1日違いでお会いすることは無かったお客様同士ですがこんな話が出来ると、なんだか一緒にトールペイントの時間を過ごされているみたいですよね。うん!!いいね!!
.
毎年ママと息子2人で遊びに来てくださっているお客様です。
必ずトールペイントははずすことが出来ません。
今回は昨年の続きの作品を持ってきてくださいました。
ええ、ええ、出来ましたとも!息子さんもバッチリ!!
それよりも今回は大変な事実が発覚したのです。
ママのデジカメの小さなバッグ・・・、昭和40年生まれならきっと知っているはず!!私も思わず反応してしまいました。
トールペイントも毎回参加ですがママはこれからは「昭和40年会会員」にもなっていただきます。

.
いつもは家族5人で遊びに来てくださるのですが今回はお友達家族も誘って3家族13人で遊びに来てくださいました。
夜はなんと男性組はカブトムシ採りに出掛けて女性組は恒例のトールペイント教室です。たっぷり2時間皆さんなかなかの良い作品になりました。
.
いつも遊びに来てくださっている大阪の3人組の常連のお客様です。
お風呂の準備を手にして教室にやってきてくださいました。
「私ナ、先生みたいに上手いこと出来へんからまた先生の作品買うて帰るわ。」
「せやせや、晩になったらよけいに目があかんやろ」
「せやねんか。ほんまあかんわ。自分で描けたらものすご、ええねんけどな」
「そんなことあれへんよ。眼鏡持ってきてはんねんろ?いけるよ。やろよ!」私も元々大阪人間。
教室の中で私を含め4人しか居ないはずなのに10人くらい居そうな関西弁が飛び交います。
 そこへ、埼玉県からご夫婦で遊びに来てくださった奥様がやって来て「私にできるかしら・・・
初めてなんですけれども。」ええ、モチロンですとも。
大阪の3人組のお客様も始まったお客様の手元にマジマジと見入っています。
「ややや、見てみて上手いことしてはるわ」 
「ほんまや。ええ色、使てはるわ〜」  
「お風呂入るの忘れてしまうわ、ホンマ」
「明日出来上がったら見せてくださいや」と、残してさてさて、静かになった教室で埼玉のお客様は集中して真剣に筆を滑らせました。
「明日お見せしなければなりませんものね。」
ええ、ええ素晴らしい作品が出来上がりました。
 翌朝、「出来上がりはりました??」の声に完成した作品をお見せした途端
「や〜すごいわ。なんぼええの!」「買うたみたいですやん」「使うの勿体無い位ですやん」
の3人なのに10人居そうな声での大絶賛。
埼玉のお客様もとっても嬉しそうです。
あまりに素敵な光景にその様子を撮らせていただきました。
 
.
オーナーと同じ誕生日、血液型の「ごうちゃん」が私が大ファンのお洋服カネコイサオ店長の彼女のお誕生日に
遊びに来てくださいました。今年のオーナーと、ごうちゃんのお誕生日には夢実の進学説明会についていかなくてはならなくて、お祝いが出来ませんでした。
今回はその分までご一緒の時間を楽しみましょう!と、ごうちゃんの提案でトールペイントをする事にしました。
2作目になる作品はティッシュケースと、トレイです。器用なごうちゃんが「あれってどうやるんですか??」と指差した作品はテクスチャーペーストを使ってレリーフを作ったものでした。
ええ、ごうちゃんなら出来るでしょう!!やってみましょう。いつもは筆が中心ですが今日はいろんな見慣れない道具やメディウムが出てきます。横から彼女が「デ〜ク(大工)みたいじゃん」に、ますますごうちゃんは拍車がかかって真剣です。
お二人ともお誕生日記念の作品が出来上がりました。
とっても素敵です。

.
今回は台湾からはるばるファーストトレインの雑貨とインテリアのしつらえを見学する、というツアーで19名のお客様が遊びに来てくださいました。
夕食後のトールペイントはモチロン行程の中に組み込まれていて、またまた、2部制で皆様とご一緒しました。
メンバーの中には台湾で教室を持っている先生も数名居ました。海外のトールペイントの先生と製作のチャンスはなかなかありません。国は違っても方法やテクニックは共通するものがあってとても楽しい時間になりました。今は台湾にもたくさんのペインターが増えたとのこと、嬉しい限りです。
これからも、トールペイントがもっと広がっていきますように・・。
.
久々に再会のお客様です。パパがママにお習字の先生のように後ろから手を支えて筆運びを「こうだろう!!」と教えていた・・あのお客様です。次回はパパも必ずご一緒しましょうね、とお約束していたのが実現しました。
「いや〜謝るよ。ホント難しい、見本のように出来るはずだったんだけどなあ」これが、パパの感想でした。いえいえ、謙遜でしょ。
だって、私なんて17年やっての作品だからよ。
お上手でしたよ。ええ、今度は「トールペイントの先生のように」講師としてお呼びしますから是非、私の代わりに講習会を開いてみましょうよ。
.
昨年の6月にも、またまた遊びに来てくださったお客様です。
いろんなお話をしてお土産の和菓子を食べながら、筆を滑らせているとあっという間に時間が過ぎてしまって、いろんな思いが込められたこだわりの彼の作品はそのときには完成しませんでした。
「また、きっと遊びに来るから!!」と言う意味で作品棚にお預かりしていました。
今夜はその作品の続きを描きに来てくださいました。
何としても今度は完成をしなければ・・ね。
彼の職業と昨年ご一緒したさくらんぼ狩りの思い出が上手く表現出来た素敵な素敵な作品が仕上がりました。
しばらくの間、私のトールペイント教室で皆さんと過ごす時間をこの作品は作品棚から眺めてくれていたことでしょう。
完成を待っていたはずですが、作品棚から描き主の彼の元へと行ってしまうのが、ちょっぴり淋しい気がします。
でも、また今夜もトールペイント教室でお土産の和菓子をいただきながら長話になってしまいました。
.
ファーストトレインのオープン当初からのお客様と昨年12月のウエディングを企画担当されたお客様です。夜はやっぱり、トールペイントです。
しかし、年月が経つのって改めて早いわねえ〜。
そうなのよね、この夏でファーストトレインも丸10周年よ。
皆さんがこうしてお出掛けくださっているお陰でまたご一緒にこうして絵を描きながらお話できる事を本当に幸せに思うわ。

あの作品描いたときこうだったね、とか家でこんな風に使ってるよ、って聞かせてもらえるんですもの。本当にいつも有難うございます。
今では、幼馴染のお友達と共々に、すっかりママになったから子供を抱っこしながら筆を滑らせています。オープン当初から、ってことは貴方もトールペイント歴10年になるのよね。
そして、親族友人のウエディングではこうだったんですよ、とお客様同士は初めてお会いしたのですが会話が生まれてまた、ご一緒になった今日の日の思い出が絵に刻まれて完成するのです。
本当に素敵です。
.
台湾から遊びに来てくださったお客様です。1歳になる小さな赤ちゃんはお留守番で3人で遊びに来てくださいました。夕食後はトールペイントです。お留守番をしている赤ちゃんにお土産に、ママはベビーハンガーとお兄ちゃんのボクからはブランコ付のルームプレートを作ることになりました。そういえば台湾から遊びに来てくださるお客様とは必ずトールペイントをご一緒しています。日本からはるか台湾にまでトールペイントが普及していくのも夢ではないかもしれません。完成した作品を見ながら嬉しくなってしまいます。
.
いつお会いしてもカッコいいパパと今や10歳になったお嬢さんとの再会です。 トールペイントは必ず欠かせない行事になっています。
今回は明日お誕生日を迎えるママに「プレゼント」と、いうことで作品をつくることになりました。
そういえば一番初めにお会いしたのは幼稚園の頃だったね、その頃はこのトールペイントのお部屋はまだ無くてダイニングで夕食の片付けが済んでから大急ぎでテーブルを広げてやっていたよねえ・・、こんな風に積み重なる思い出の話をしながら筆を滑らせる再会の時間は本当に至福の時です。
さあ、見てください!!ママへのプレゼントが完成しました。
2006年版
.
台北より貸切での25名のツアーのお客様でした。
何と全員「トールペイント参加希望」と、いうことで2部形式、前半12名、後半13名の交代制でまたまた皆でひしめき合いながらの教室になりました。
全員台北のお客様、相変わらずのEnglishu a littreの私のレクチャーで、どうなるやら・・と、思いましたが今回は通訳のリンさんが居てくださって、とても助かりました。
誰もが1時間程度で出来上がる完成度の高い、コースターを題材に選びました。
出来上がって、皆さんもとても喜んでくださいました。

良かったわ!!皆さんとご一緒できて!!
.
今日はまたまた日本手芸普及協会の講習会にいってきました。 今回は生徒への指導テクニックがメインで少ない色とブラシでお花達をいかに表現するか、なのですが 正に私がいつも皆さんにお話する(生きているからみんな違って良い!)という中に失敗を恐がらず楽しんで新しい発見と自分にあう方法に出会ってみる、というものでした。絵に関しては私は特に日本人離れした考え方の持ち主なので大変共感できる講習会でした。人と違っていいんです!絵なのですから、真似のコピーを作るのじゃあ面白くありません。自分らしく自分にしか描けない物って素敵でしょ!うふ!まだまだ たのしませてもらうわよん。
.
手芸普及協会のトールペイント講師のセミナーに行ってきました。今回はペイントの中でも“白磁に描いて窯で焼き付けをして実際の生活の中での食器としてどんどん使える”という、私の中では少し新しいジャンルの非常に興味深いものでした。ところが、そこでもっともっと素晴らしいことが、筆を握った時にあったのです。何とそこには、あの有名なバルーチャ美智子先生がいらっしゃいました。今回のセミナーはバルーチャ美智子先生がお話下さると、行ってから初めて分かったのです。TVや本でご活躍されている様子は拝見していましたが、実際にこうしてお会いするのは初めてです。何しろまだトールペイントってナニ?? 言われてた頃に、近くに教室も無く、手探りでようやく見つけたのが通信教育でのバルーチャ美智子先生のトールペイントで、私が初めてトールペイントの世界に足を踏み入れて指導を点削で受けたのがバルーチャ美智子先生だったのです。
その私のトールペイントの原点の先生にお会いできるなんて、こんな幸せなことはありません。気さくに話しかけて下さって、本にサインをしていただきました。そして「いつでも呼んでネー。出前にも行くから」ですって!!! 今年は本当に私の大好きなことの頂点にいらっしゃる憧れる人に次々お会いできるステキな年です。
.
まだファーストトレインが白い壁に赤い屋根の頃遊びに来て下さったお客様です。当時、ルームKeyはハートの型をしていました。そのKeyホルダーをとても気に入って下さって、お友達にもあげたい!! と10個も注文して帰られました。今回は“今も私使っているのよ!また必ず行きたいと思いながらね”と言ってポーチの中から、それはそれは毎日使って下さっていたとわかる、かつて私の描いたあのKeyホルダーを見せて下さいました。何て嬉しい話でしょうか。数年前に巣立って行った自分の作品を再び目にする事が出来るなんて!またきっとお会いしましょうね。
.
今日は皆さんが、初めてお出掛け下さったお客様の参加でした。
50種類以上ある白木の材料からいつもお好きな物を選んでいただくのですが、なぜか今日は、皆さん同じ材料を選んで手にしているのにはびっくり。こんな日もあるんだなあと思いました。絵を描く段階になってマーブルのお花を説明していると、デザインもなんと、皆さんがまたまた“私も”“私も”....ということになりました。何て今日は、お客様同士皆さんが気の合う日なんでしょうか。
しかし、使う色と描き手によって、それぞれのオリジナルに生まれ変わるのがトールペイントの楽しさで面白さです。ステキ、ステキ!!
.
初めて彼女の誕生日に遊びに来て下さったお客様です。
彼は建築の勉強、彼女は書道の勉強をしている学生さんです。トールペイントは初めてとのことですがお2人とも、「創作」という共通点にトールペイントにも興味を持ってくださって御参加くださいました。
彼ははじめは、失敗しないデザイン、ということでマーブルのお花を描き上げその横には趣味でもある釣りでいつかは釣り挙げてみたいという赤い目の魚をデザインしました。彼女は大切にしている髪留め入れにするために箱を材料に選んでその髪留めの絵を描いた上に得意の書の漢字をデザインしました。
素敵素敵!!トールペイントも英文字だけでなく漢字を使うのも粋じゃないですか!
私も大発見でした。
.
昨年クリスマスシーズンにお会いしたお客様です。今回はさくらんぼ狩りのシーズンに遊びに来て下さいました。夜はトールペイントです。彼女のご実家の福島県の名物をお土産に持ってきて下さった薄皮饅頭を食べながら、始まり始まり・・。
彼は「よ〜し、こだわっちゃうぞ〜」と意気込み満々。
筆を握りながらお二人の夢のお話、彼のお仕事でもある電車のこと、学生時代の秘密の放浪癖のこと話は尽きません。そして、和菓子好きの私は、目の前のお饅頭が気になって仕方がありません。笑える光景でしょ。
あっと、言う間に時間が過ぎて彼の作品は続きは次回にと、いうことになりました。
見てください。彼のデザインはトンネルから出てくる列車「FIRST TRAIN」です。
完成がとっても楽しみ! また是非続きをご一緒しましょう。
.
2年前にお会いしたお客様でした。久しぶりの再会にいろんな思い出が甦ります。
 「可愛い〜。かわいい〜。」とファーストトレインのどの部分にも  相変わらず言ってくださるのです。2日目の夜、またトールペイントをご一緒しました。新しい家を購入されてそこに揚げる為の表札とご主人の職場のスタッフルームのプレートです。そこにはやっぱり、あの私の記憶にある象さんの絵がありました。前回お会いしてから随分大変なことがいっぱい、いっぱいあったそうです。絵筆を動かしながら、いつも何故か、お客様のそれぞれのドラマを聞かせてくださいます。
どうやら、このトールペイント教室には絵を描くだけで終わらない、私にも判らない何かがあるようです。
.
ゴールデンウイークもたくさんの皆さんとご一緒したトールペイント、本当にそれぞれ一生懸命に描かれた作品は萌木の村に売っている物のように素敵な作品ばかり。
その中でもトールペイントに夢中になって「来年も絶対ここに来るからな、また、トールペイントするからな。」と、作品の白木だけではなく色を出したパレットにまで絵を描いたお客様が居ました。
いつもは、たっぷりと色が出たこのペーパーパレットは使い捨てなので捨ててしまうのですがあまりに可愛らしく絵が描かれたパレットが、どうしても捨てられなくなって、ファーストトレインのアルバムに貼って残しておきたくなりました。
またね、きっと一緒にまたトールペイントをやりましょう」
.
今夜もまたまたトールペイント教室の始まりです。今回は男性3人組で遊びに来てくださったあの青いバラの彼が居ます。ご友人を指差して「コイツ、絵が上手いんっすよ〜。」まあ、それは楽しみね。3家族で遊びに来てくださったお客様もご一緒です。
皆さん今日は真剣に頑張っています。青いバラの彼は男同士でやって来たのを機にバラを卒業して富士山を描くことにしました。絵が上手い彼は山の景色を背景に走ってくる汽車、そしてもう一人の彼は淡いピンクの濃淡で1輪の桜を描きました。
ちょっとちょっと、やるじゃない!!初めてトールペイントをされる方も負けては居られません。「初めてだからうまく出来るか心配なんだけど・・、」とおっしゃっていましたが見てください。こんなに素敵な作品が出来ました。「嬉しい〜!」と声を揃えて下さって私までうれしくなってしまいました。ええ、是非皆さんの今日の思い出にお家に飾っていただきたいです。
.
お出かけくださるたびに必ずトールペイントを楽しみにしてくださっっています。
何といっても、塗るのが大好きな僕も必ず一緒です。
今回は白木も早々と夕食の前には決めていらっしゃいました。その横で僕もあれこれ手に取って迷っていました。何度もご参加くださっているので手順もバッチリ!それでは、今日はちょっと技法を変えてステンシルはどうかしら?「うんうん、図柄に悩まないで済みそうだし、それでやってみます!」僕も色を入れていくたびにそっとプレートを剥がすたびに変化していく絵にワクワク。「もっとやりたい。もっと。ずっとやっていたい〜。」ママもすっかりはまっています。そうね、時間もまだ大丈夫そうね・・・、じゃあ、もう1作品やってみる?と、ママと相談している間に僕は、早々と白木を選んでいます。1日に2作品とは、大したものです。2作品とも完成させてしまった後満足気な顔で作品を両手に持ってしげしげ眺めながら「こんなにうまく出来たら、女の子にもてるかなあ〜。」なんて言ってくれるのですから。言葉に私もママも吹出してしまいました。恐れ入りました!!ええ、きっと、モテモテよ。
.
これまでにもファーストトレインに10回も遊びに来てくださっている常連さんです。今回はパパと娘2人で遊びに来てくださいました。誰もが憧れるカッコいいパパとの素敵な旅です。「スキーは、どうだってイイの。ファーストトレインに行くのが目的だから」と、嬉しいことを言ってくださって、毎回毎回、必ずトールペイントは欠かせません。ええ、私も大張り切りよ!!
さあ、今日はどんなのをやりましょうか。いつの間にか、白木もすっかり決めていたようです。パパもいつも必ず参加してくださっているのです。私は、手桶、パパは「家の表札が気になっていて・・、。」と、いうことで大き目のプラークです。さてさて、始めましょう。今回お留守番のお兄ちゃんとママにも自慢出来るのをつくりましょうね。今、ファーストトレインで秘かにブームになっているステンシルプレートを使ってみました。そっと、剥がすときのワクワク感がたまりません。見てください。パパと2人の旅の、素敵な作品が出来ました。いつか今まで作った作品もズラリと並べて写真を撮らせてね。ええ、今度はお兄ちゃんもママもご一緒にね!!
.
恒例の日本デコラティブペインティング協会の勉強会に行ってきました。いつもながら刺激になり、また新しいテクニックを学ぶことができます。私がトールペイントを始めた頃に比べると、本当にいろんなメディウムが開発されて、筆を選ぶのに悩むことができる程、今はいろんな種類の物があります。いつも思うのですが、極めることは自分が終わりを決めない限り続くということ。図工も美術も苦手だった私がこんなにもどっぷりとハマってしまったトールペイント。勉強会に出席する時には、いつも初めて握った一本の古いボロボロになったブラシを連れて行きます。今は指導をする立場ですが、私にも『初めて』の日があったという原点に戻る気持ちを改めて思い起こす意味です。ええ、皆さんも一緒に描くことを楽しみましょうね。続けることって、素敵だと思いませんか。
.
ファーストトレインオープン当初から遊びに来てくださっている常連のお客様です。
初めてお会いした頃はまだ赤ちゃんのボクも、今や9歳!!ママの身長も追い越そうとしているのですから!!
トールペイントもご一緒してドンドン描く図柄からも成長の御様子が伺えます。図工が得意ダ、なんて言ってくれると本当に嬉しくなってしまいます。絵を描きながら私の覚えている小さい頃の可愛いボクの話をしてあげます。 ちょっと、照れながら首をかしげている姿と重ねあわせる成長の様子に再会の幸せを心から感じます。ママとパパにも言ってあるのよ。「彼女を連れてきてくれるようになるのを楽しみにしてる・・・」って。ウフフ
.
2006年事始!熱心に筆を滑らせている関西からやって来た、男性のお客様でした。
普段、建築に携わるお仕事で体力も要る、現場の人との関わりも取引もと、てんてこ舞いの環境でようやくの正月休みに遊びに来てくださいました。その風貌とは逆に?繊細な感性を持っておられて自然を感じて言葉にされるときは本当にどれ一つをとっても「優しい」方です。「人間は、自然に癒されるんやなあ、」って。
「わあ、筆持って絵、描くのなんか何年ぶりやろう・・」ベースを塗る一つの作業もとても几帳面で「わあ、ええわあ。メッチャ、俺ホンマ、ハマルわ。」と。
清里に着く前に見た富士山に感動して当に「♪頭を雲の上に〜」の様子を描かれました。
ご一緒だった皆さんも彼を真ん中に挟んで絶賛です。
2005年版
.
初めてお会いするご家族連れのお客様です。母・娘でトールペイントも是非やってみたい!とのことで、今夜も始まり始まりーでした。パパも一緒に教室に来て下さったので、“パパもやりましょうヨ!”と声を掛けました。“絵はホントにダメですから、娘の手伝いをします...”との返事でした。ママも横から“ホントに、一緒にやれば良いのに...”と言っていました。では始めましょう。パパはお手伝いよろしくネ。ママと私の絵が進むにつれ、ポツリポツリだったパパの助言が、緊張してひと筆ひと筆慎重に描くママに“ここはこうじゃないのか?”“そうじゃなくって…”と、的を得たアドバイスが入ります。ついにはパパが、ママの筆を持つ手を上から支えてのお習字の先生のような指導はオソレ入りました。“ねぇ、パパ!絶対パパも描くと上手なのが出来るワヨ!!”と言うと、“イヤイヤ、やってる横から言えるけどイザ自分がってなると出来ないですよー”って。イイエ、次こそはパパに是非やってもらいますからネ!! ウフフ。その横でお嬢さんがどんどん描き上げている姿に、また何ともステキな気分でいっぱいになりました。本当に微笑ましいご家族の教室でした。
.
修学旅行でやってきて下さった皆さんと大勢で手鏡にトールペイントです。さすが、さすが現役学生の皆さん!私が説明を始めると水を打ったように静かになり真剣に手元を見てくださるのです。きっと普段の授業中も皆さん真面目なのでしょうね。どの生徒も本当にお行儀が良く感心しっぱなしでした。担任の先生が途中で見にこられて「スイマセン、迷惑かけてませんか?」って。とんでもない!!!見てください!こんなに良い子ばかり。作品もとっても素敵なのよ。
.
今日は何故かずらりと机を囲んでいるのはお子様の参加ばかりでその後ろにはそれぞれのママたちがズラリ立ってご覧になっている日でした。参観日のようで久しぶりにその中で保育をする幼稚園の先生時代を思い出していました。ところが常連さんのママの一人がお子様たちに混じって席に着いて下さっていました。こんな事も珍しいね!と言いながら彼女のお子様も横に着席しています。さてさて、始めましょう。するとまた教室の入り口から先月も遊びに来てくださっていた常連さんがそ〜っと覗きながら「イッパイよね〜、明日も泊まるから明日にしちゃおう。」と。あら、せっかく降りてきてるんだから一緒に居ようよ!と声をかけました。先に席に着いていた常連さんの親子の後ろに立って「ボクもやるのね」と声を掛けてボクのお手伝いをしてくださることになりました。うふふ。僕も違うママにお手伝いしてもらいながら頑張っていました。モチロンその間に本当のボクのママもゆっくり筆を滑らせる事が出来て素敵な作品が出来上がりました。とても嬉しい光景でした。
.
夏休み毎日皆さんとトールペイントをしている中で今日は「あの〜、実はウクレレを持って来てるんですけれど・・・、楽器に描くこともできます?」とご家族連れのパパからの質問でした。「ええ!モチロン。」道具に絵を描く=トールペイントですからね!
 始めましょう始めましょう。毎年夏にお会いして僕との楽しいやり取りをきかせてくれるママもバスでやってくる三重県の常連さんも一緒です。さてさて机をぐるっと囲んで皆で譲り合いながら始まりました。ウクレレの弦を緩めてどんな絵にしようかなあ、とパパは考えています。私もいつかハープに描いてみようと思いながら実現していないんだけどパパのこの勇気に背中を押された気がしたわ!!ええ、やってみるからね。
.
今夜は山梨県在住の姉妹のお客様と台中からはるばる遊びに来てくださったお客様の参加です。English a littreと日本語の私のレクチャーが始まりです。さてさて日本語だけだったら初めて同士のお客様も筆を一緒に滑らせながらお互い「どちらから来られたんですか?」から始まっていつもいつの間にかそれぞれ会話が弾むのですが今日は私からお客様、お客様から私・・、何とか折角の同じ時間を過ごす間に皆で共通の話題が出来ないかなあ・・と、思いました。まずは姉妹のお客様に「ねえ、英語は話せる?」と尋ねてみました。すると、「隣の家の人がグローバルな人でそこで英語を習っていました!!」まあ!それはそれは。ならば、と台中のお客様に「彼女、英語が話せるわよ。ほら、夕食のとき後ろのテーブルでお母さんとおばあちゃんも一緒だった方達よ!」と伝えるとお顔を上げて「まあ!話せる?」と嬉しそうに姉妹のお客様の方に目をやりました。すると、お姉さんが「いえいえ、話せるのはちょっぴり!」と答えられました。私も更に出来る限りの英語を使って「お姉さんは看護士さんで妹さんは中学生よ!そして彼女は台中から遊びに来てくださったの」と言うと「ホント!私も台中の看護士よ!先に寝ちゃった友達も看護士よ」って。それからは「何科?」など等どんどん話が進みいつの間にか作品を横に置いて台湾の地図を書きながら住んでいるところはここで、勤めている病院はここで・・。明日はどこへいくの?などなど、どんどん話が広がり最後はお互いにそれぞれのカメラで一緒に写真を 撮ることになりました。素敵!素敵!だからこの時間が大好きなの!うふふ。
.
6月の土曜日は満室でまたまた、たくさんの方が教室に参加してくださいました。入り口の廊下まであふれてしまいごめんなさいね。興味を持ってくださる方がこれほど居て下さるのね!とっても嬉しいわ。そんな中、譲り合いながら材料を選んで小さなアトリエの机にはグルリとそれぞれ皆さんの白木の材料が並びました。小さな教室で皆さんとの距離がぐっと縮まるこの時間が大好きです。選ぶ色、描く絵によってどんどんそれぞれの作品に命が吹き込まれていくの。素敵よ。ナルホド、この作品にこの色ね!!私も皆さんのセンスに何度も発見と感激をさせられます。さっきまで知らない同士だった皆さんが隣に座ってお互いの絵を認め合う様子にいつも嬉しくなってしまうのです。作品たちはそれぞれのお家に連れて帰ってもらってどんな風に飾ってもらうのかしら。みなさんも作品を眺めてこの時間のことを思い出してくださるのかしら。完成の仕上げのバーニッシュを塗って明日の朝まで乾燥を待つ作品が 並んだアトリエの電気を消すときの私の心の中なのです。
.
いつもご家族3人で遊びに来て下さるお客様です。今回は初めてお兄サンもご一緒でした。お兄サンがもうすぐお仕事で中国へ行ってしまわれるとのことです。夜、必ずご一緒するトールペイントには、お兄サンもご参加下さいました。私の目の前には兄・妹で筆を滑らせる素敵なご兄妹の様子に“小さい頃も仲が良かったんですネ”と言うと、“よく世話はしたかなァ”って!! ステキ、ステキ。こんな風に大人になってからも同じ事を出来る兄妹って。ご主人のパパが理解のある人だからきっといつまでも仲良く居られるのよネ。また中国から帰って来たら、皆さん揃って遊びに来て下さいね。身体に気をつけて“いってらっしゃい”。
.
川越の彼らが帰って来ました。実はウッチー会長共々とっても心配していたのです。2人そろって“ただいまー”と玄関に着いた時は、あの時の2人の元気な姿。ヨカッタ、ヨカッタ!! 待ってたんだからネ。“圭チャンの家にようやくあいさつに行って来ました”そう、それはそれは、やったじゃない!! “今回は丁寧に、マジメに筆遣いを習って描いてみよう”とも言い始めました。ええ、作品は8作目です。こんな日があっても良いじゃない。真剣な表情の時もステキです。でもやっぱり、最後はこうなるのでした。
.
初めてお会いするお客様でした。大のアンティークファンで、ご夫婦共々、館内の私が集めたアンティーク雑貨の数々にも、一つ一つとても興味深く見入って下さっていました。もちろん、夜のトールペイント教室にもご参加下さっています。奥様は、お孫さんの写真を入れるカードブックケース。ご主人は手鏡に、5月の清里の山々の色に感激されて高原風景を描きました。“現役から退いて、元気な時にいろいろ楽しみたいと思っています。これからちょくちょく来ます”って。まぁ嬉しい!また一緒にトールペイントしながら、いっぱいお話しましょうね。私のアンティーク好きにもますます拍車がかかりそうです。
.
いつもいつも遊びに来て下さる常連のウッチー会長の奥様のミドッチです。大抵滞在中の夜は必ず一度はトールペイントをご一緒するのですが暖炉の前での「大騒ぎ」に忙しくてこのところ前回も前々回も作品を描く     時間を逃してしまいました。今回は何としても!!ということでウッチー会長が大夢と釣りに行っている     間にたっぷりと時間を使って大きな手桶の白木を選んで描くことにしました。 先日の再会の時に本当はウッチー会長がお誕生日で是非あげたかった、というトールペイントでのプレゼント。私もそれを聞いていたのでこれ以外無い!バッチリ魚の図案を用意していました。うふふでしょ。ベースにもテクスチャーペイストを使って凝ったものにしました。「ねえ、どこまで釣りに行ったのかなあ?」「釣れてるのかなあ?」そんな話をしながら描いた魚の絵はとっても素敵な作品に仕上がりました。「でも・・、何の魚か判ってくれるかなあ・・。」良いじゃない!!「みどっちザカナ」でいきましょうよ!! 大漁で帰ってきたウッチー会長に手渡す姿もとっても可愛いミドッチでした。
.
久々の再会のお客様です。今回はボードにお出掛け下さっているのですが、夜はもちろんトールペイント“も”です。ええ、もしかすると皆さんも記憶にあるかもしれません。『男性でバラの絵がとってもお上手な方がいて....』と、トールペイントのお話に何度ものぼったあの『青いバラ』の彼です。教室で何と前に描いた青いバラの作品も持ってきて下さいました。今回もシリーズで色を変えてやっぱり“バラ”にしよう!! と彼女もその横でテープカッターの白木に一生懸命デイジー柄を描かれました。仲の良さはいつもの通りのお二人に、私もとっても嬉しくなりました。
.
昨年も福島県から遊びに来て下さったお客様です。今回は、ご主人もお嬢さんもご一緒です。またまたトールペイントにご参加下さいました。フタの付いたBOXに一輪のバラをウォッシュで描くテクニックの図柄です。何度も重ねていく根気の必要な今回のバラの絵も、実に丁寧に、一つ一つ確実にこなしていきます。あっという間に時間が進んで、バラの深みを増していくには、もう少し時間が欲しいです。折角ここまで上手く描いているのに.....。私も是非歓声させたいワ。では、ではと、続きをまたご一緒する日が来ますように....と、図案に今日の日付を入れて、BOXに収めておくことにされました。再会の日までタイムカプセルです。とってもステキな気分になりました。
2004年版
.
■ゴールデウィークにも遊びに来て下さったお客様が、また遊びに来て下さいました。その時初めてトールペイントをされて、マーブルのバラのデザインを描いたのを、とても気に入って下さっていて、今回チェックインするなり“私、この間のデザインで、家に帰ってから絵の具も買って、いろんな物にも描いてみたんです。”と、カバンの中から5作品も出して見せてくれました。みんな、あのマーブルのバラの柄です。スゴイ!スゴイ!! これだけそろえばステキなシリーズね!ところがです。ナント、手の爪にもマニキュアでこのバラの柄がこっそり1輪、描かれていたのです。ステキ、ステキ!ウフフ、ネイルアートね。是非、今日もご一緒にトールペイントをやりましょうね。
.
■夏休みも毎夜トールペイントです。今日は佐渡からはるばるやって来て下さったご家族連れのお客様です。パパ、ママと中学2年生、6年生の男の子達。皆さん真っ黒に日焼けしています。その男の子達が『トールペイント教えて下さい!』と。もちろんOKよ。そこにはパパもご一緒で「夏休みPTAの作品展で一つ何か出さないといけないから、ボクもやります」とのことでした。ママは「私が一番不器用なので、パパの描いてくれた作品にサインだけ入れマス....」さあ、そうなれば良い作品を仕上げなければネ。描きながら、佐渡の鬼太鼓の話やテニスや海の話をたくさん聞かせて下さいました。男性っぽい風ぼうとは逆に、パパはスズランの絵、お兄チャンはハイビスカス、弟クンは竹林。内面の優しさがにじみ出る画風に私も驚きとカンゲキでした。お帰り時に、清里での3日の中で『トールペイントが一番楽しかったと4人共言ってマス』とおっしゃって下さいました。ありがとう、ありがとう。又いつの日か、ご一緒出来る日が来ますように!
.
■昨年も遊びに来て下さったご家族連れのお客様です。ママもトールペイントの先生をされていて今年はお教室の作品展の写真を何枚も撮ったのを見せて下さいました。それから一番小さなボクが昨年の夏休みの宿題にこのファーストトレインを「ぼくのとまったペンションファーストトレイン」と題を付けて学校に提出した作品を持って来て見せてくれました。ラベルもちゃんとついています。青空の下に建つファーストトレインの絵は、とても丁寧に描かれていました。そしてママが「これあげるために持って来たんだよネ!」エッ本当に?! でも子供の作品は、その時にしか描けない大切な思い出なのヨ。とっても感激ヨ。私のトールペイント教室に飾っておくワ。ええ、いつでもボクの事を思い出せるようにネ。ありがとう。ボクも少しずつ大きくなって行きながら、ここへ来るたびに、この絵を見てくれるとうれしいワ!
.
■昨年の春に卒業して、看護婦さんになったお客様です。今は静岡に住んでいて、立派になられたお二人が、また遊びに来て下さいました。前回お会いした時に、九州のご両親に無事卒業を知らせるハガキプレートを描かれたあの優しい絵が、私の中でよみがえります。今回はひとりで暮らしているおばあちゃまに、家族全員の似顔絵を、マグカップに描いたものをあげよう!とのことです。ひとりひとりの顔を思い出しながら描く彼のその横で、"私も一緒に九州へ行って彼のおばあちゃんに会ったんですヨ!! おばあちゃん涙もろくなっちゃって、すぐ泣くんですヨ....." ですって・・。きっと立派になられた彼が、彼女も連れて帰って来られたのがとっても嬉しかったのでしょうね。ステキな話を聞かせていただきながら完成した絵は、コップにぐるりと家族全員が手をつないでいるの。彼がどんなに温かい家族に育ったのかがとても伝わって来ます。おばあちゃまも、また感激の涙でしょうね。この次は彼のご家族の写真を見せていただくお約束をしました。
.
■当初一泊の予定が14日から3連泊でお泊まり下さっているお客様です。山梨のワインをとても気に入って毎夜ハーフボトルを空けて下さいました。"本当は香港まで持って帰りたい気持ちでいっぱい・・・。でも空港で叱られてしまう" とのことで、思い出だけでも持ち帰りたい、とワインボトルの空き瓶にトールペイントすることを思いつきました。この3日間、6月の梅雨空とは無縁だったお陰で見ることの出来た"Fujiyama" たくさん歩いて見つけたお気に入りの花"Rupinasu" そして"First Train" の"CHIZURU" を全て絵にして描かれました。言葉の壁は人間同士というお陰で必ずやお互いを近づけてくれます。それに加えて絵は尚更です。私がトールペイントにますます魅かれるのがわかるでしょ......。
.
■ご夫妻で歯科医をなさっている台湾のお客様です。医院長のご主人は玄関の看板を。奥様は受付で使うメモパッドボードを、それぞれ作ることになりました。普段歯の色の微妙な「オフホワイト」だけど、今日はたくさんの色がある!! とのことで興奮していました。さすがです。看板の文字の間には「健康な歯」の絵をデザインされました。本当にさすがです。『人間の歯より緊張した!』に大笑いでした。
.
■神奈川県の女子中学生が、自然教室で泊まっています。何とも娘の友人がたくさん来た気分です。そしてファーストトレインに泊まっている皆さんは、もちろんトールペイントです。「美術」の先生も一緒に参加して下さっています。今回の素材は、白樺のプレートを使ってそれぞれの「ルームプレート」を描きました。さすが現役の皆さん、アクリル絵の具は初めてとのことでしたが、柔軟な発想でいろんなデザインの物が完成しました。"ネェ、美術の時間はママが学校へ来てずーっとトールペイントが良いヨ" "トールペイントだったらマジメによるヨ" コラコラ・・・。でもファーストトレインが困るから私はやっぱりここに居るわよ。しかし美術の先生を目の前に何て事を・・・。
.
■小さなボク達がいらっしゃるママが、子供達をパパに預けて参加です。「ずーっとやってみたかったの。家の近くにある教室からチラシをもらっていて、まだ子供が小さいから私にはとうぶん無理だなぁって思いながら、そのチラシをずっと取っておいてため息をついてばかりいたんです・・・」とのこと。まぁ、そうなれば今日は、ずーっとやってみたかったコトをご一緒しましょう。ママは大きなファミリーネームプラークを作ることになりました。『やってみたかったの』がとっても伝わって来ます。ステキなあピンクとママの手から生まれ出て来たご家族の名前の並ぶプレートは、とっても光って見えました。
.
■パパは元関西の方で、いつもご家族連れで5回目の再会になるお客様です。いつもトールペイントをご一緒するのですが、パパと小さなボクは、教室の時間中はお部屋でお休み・・・でした。だけど今回はみんなでやろう!! ということになりました。教室に入りながらそれでもパパは"いやー、絵はアカンからナー" "ホンマにヘタやでー" と.....。ママから渡された大き目な白木ケースに"こんなんムリやって、小さいのがエエネン" あらちょっとちょっと、今回はパパの口から"トールペイント、ボクもやります" って聞いたわヨ、大丈夫!! イケるって!私もパパと話す時は関西弁に戻ってしまいます。それでは私からの提案で、"マグカップはどう?ベースを塗らないでOKだからカンタンよ" に、"よっしゃ、それにするワ" とパパ。丸筆でアザラシの絵を描き始めました。何ともそのアザラシの顔には『まゆ毛』がついてて、パパらしい!皆を笑顔にするステキな作品でした。また次も、是非ご一緒しましょうネ。
.
■香川県から遊びに来て下さったカップルのお客様です。それぞれ就職も決まっているそうですが、この旅が終わったら、就職先の大阪と東京へそれぞれ引っ越しなさるとのことです。夕食後のトールペイントはそれぞれマグカップを選んでいろんな話をしながら描かれました。彼はこのファーストトレインの絵、彼女はウサギが2羽、ケーキを間にして、その背景には草原とファーストトレインです。お二人の絵を合わせると、ステキな物語が出来そう....。一番列車の始発。ここからの始まり、お二人のこれからをお祝い。切なさを一生懸命、笑顔に変えて、二人の残りの時間を大事に過ごされている様子に、胸がいっぱいになります。二人共、身体に気をつけてネ。私もまたいつか、お二人に再会したいです。
.
■今日は小倉トーストの会長が講師コースのトールペイントを学びにやって来ました。今まで習ってきた事に対してプラスアルファーの方法やテクニック、上手く描けない時の対処法、初めて学ぶ人に伝授する方法を学んでもらいます。だけど、一番のベースは指導者側も描く事を楽しまなければ、と思っています。あせらないでネ。大丈夫よ。必ずあなたならステキな先生になれると信じているワヨ。
.
■元気いっぱい、大騒ぎ。今日は幼稚園児から小学生まで計5人。おまけに全員男のコです。ひとりずつで居ると、皆おりこうサンなのに、、、5人総ぞろいすると、お母さんのカミナリは落ちて来ます。トールペイント教室をこっそりのぞいて、ズラリと並んだ絵の具が気になって仕方ありません。私のところへひとりずつやって来ては"あそこの部屋は何するところ?" "入って遊んでもイイ?" "誰の部屋?" の質問が続きます。"ボクもやっても良いの?" エエ、モチロン。でもちゃんと夕食を食べて描いている時はじっと座っているお約束出来る子だけネ!と言ってみました。するとどうでしょう、どのボク達も急に背すじをのばして、おりこうサンのカオです。それではトールペイント一緒にやりましょうね。お約束が守れたんだものネ。
.
■今日は、普段から8年も教室に通っていらっしゃる、腕前もかなり上級のお客様でした。もちろんベースコートもブラシテクニックもしっかり身についています。メディウムでグラデーションを作る背景を描きながらのことでした。“どうして木の素材にはこうやって表現出来るのに、ファブリックや陶器には色がのびないのかしら、、、。”「あら、それって多分、木に描いた数の方が多くて、それに比べたら、ファブリックや陶器に描いた数の方が少ないだけのことだと思いますヨ。」と言ってみました。“それは言えてるかも!”とのことでした。でも、それよりも私なんてヒドイものヨ。娘が私が化粧しているのをマジマジ横で見てて、“ママってさあ、トールペイントの先生やのに、なんで顔に描くのはヘタクソなん?ママってマユ毛が付いてるか付いてへんかだけしか変わらへんやん。”なんて言うのですから。失礼しちゃうでしょ。でも、そう言われると、確かにそうです。塗る作業は同じなのに、自分の顔に描くのはいつまで経っても上手くなりません。ちょっと私のお客様へ答え矛盾してたかナ、、、。
.
■2004年の今年も1月2日の"コト初め" トールペイント教室のはじまりはじまりー。我が家の子供達と1つお兄さんの中学3年生のお客様でした。"美術は好き?" と尋ねてみると、"あー、まかせて下さい" オッ!!これはイイですネェ。ネームプラークに、ベースカラーは黒を選んで、サラサラと自分の名前の下にトランペットを描いています。実は今年の冬休みは、年末から我が家の2人は大阪の私の実家へ帰っています。何だか彼が夢実と大夢に重なってしまいます。元気にしているかしら......。『私は、今はこうやって絵を描くのが大好きなのに、ウチの2人は授業中に描き切れなかった絵を宿題に持って帰って来ては、"ママ、描いてー" なんて言うのヨ、困るでしょー』って話すと、彼は笑ってました。


[HOME]