ファーストトレイン「諭吉っちゃんの畑」の日記 2019年版


こんな人が野菜を作っています!
この人が諭吉っちゃんです。得意の照れ笑いで。
度々ファーストトレインのディナーに登場する「目の前の畑のゆきっチャン(福沢諭吉の諭吉って書くんですよ)」というオジサンが作るジャガイモが、その畑で採れたものです。
諭吉さんはパッと見た感じは恐そうなんですが、この辺一体の大地主であり、笑うととても可愛らしくて、実はとても照れ屋さんです。トラクターに乗って作業している諭吉さんの姿がよく見られます。エンジ色の帽子がトレンドマーク。もっと驚いたのが“骨董好き”という隠された一面にウフフ。古いレコードに、蓄音機、昔の職人さんが手掛けた古民具に目がないそうです。こんな諭吉さんのことを知ってもうと、ますます諭吉さんの作る高原野菜の収穫が楽しみになるのではないでしょうか。
雨の後の雑草刈りは欠かせません。トウモロコシを大きく育てるために、そして夏にこの畑に収穫体験に来て下さる皆さんが畑の中を歩き安いように、という優しい心遣いに諭吉っちゃんの優しさを感じるのです。
▼あいのはらのハートが一つになって行動する住人地図
 
※見かけたら声をかけてみて下さい。

▼畑日記
今年は春が一進一退しながらやってきました。突然の気温大上昇に諭吉ちゃんも、慌てる慌てる。マルチを急いで貼りあげて苗の準備です。さてさて、今年の諭吉ちゃんの畑は、どんなドラマが繰り広げられるかしら。始まり始まり…。

7月13日
 今年は長雨にお陽様がなかなか顔を出さなくて、諭吉っちゃんの畑のトウモロコシもなかなか丈が伸びてきません。
こんな年は本当に初めてです。
そんな中、諭吉っちゃんが立てたのぼり旗。
しかも1本や2本じゃなく萌木の村の入り口辺りから手書きで「7月13日」
「ホタル祭り」なんて書いてます。
今日も皆さんがファーストトレインの常連さんで諭吉っちゃんのこともよく知っています。
のぼり旗のことも、ファーストトレインに到着の道中に気付いていましたとも。
日中から雨が降りやまず、まさか今日はと思いましたが、、。皆さんの夕食コースが終わる頃、諭吉に電話をかけて「今日のホタル祭りは、、」と言いかけた途端「ヘェ、やってるぞ、今から素麺流すから早くこうし、すぐ来ないと無くなるぞ」なんて言うんだからビックリです。
外はかなりの雨足です。
ちょっともし興味があれば覗いてみて、、と皆さんにお話ししたところ行きたい方が出ましたので、帰って来たら様子を聞いてみることにします。

 
6月15日
 さぁさぁ、今年も諭吉っちゃんの畑の様子をお知らせしなくちゃ!
今シーズンはとても気温差の激しくて、トウモロコシの苗をいつ畑に下ろそうかと悩ませました。
雨が降ると更に寒くかんじます。
諭吉っちゃんのペットの羊もこの春また二頭の赤ちゃんが生まれて駆け回っています。
諭吉っちゃんの畑のその様子を羊達も遠巻きに見守っているかのようです。
清里の高原下のあたりではもう収穫されてるトウモロコシが出回り始めた話を聞くと、口の中であの甘くて美味しい諭吉っちゃんのトウモロコシの味が思い出されて今年もまたとても楽しみな夏が待ち遠しくなります。





『過去の畑日記』